【blitzl】PS4対応!激安有線コントローラーをサクッとレビュー!【中華ガジェット】

2 min 74 views

発売日に購入したPS4のワイヤレスコントローラーがついに壊れました。

壊れたと言っても十字キーの下が反応しなくなっただけですが、2020年に発売した聖剣伝説3をプレイしているとリングコマンドが呼び出せなくてゲームに支障をきたすレベルだったんですよね。

ゲームをしなかった時期が年単位であったとはいえ、2013年11月に購入して7年近く持ったので十分持った方ですが、それでも代替品は必要になってきます。

今回は、最近購入した聖剣伝説3とFF7のリメイク版をプレイするために購入した中華パッド、blitzlの有線コントローラーのレビューと簡単な使い方をお伝えします。


結論としては、購入して良かったです。

【blitzl】PS4対応!有線コントローラーのレビュー【中華ガジェット】

見た目が良い

スティック周りの赤がオシャレで見た目良し

Amazonで2580円で購入したので、見た目はもっとチャチい(聖剣伝説3さえプレイできればOK)と考えていたんですが、良い意味で期待を裏切られた感じ。

思ったよりも全然カッコいい。これで普通に使えたらまぁ満足かな。

ていうのがファーストインプレッションですかね。


この時は、とにもかくにもPS4に接続して早くゲームプレイしたかったことは良く覚えています。

Windowsゲームにも対応している

まだ実際に試せていないのですが、【blitzl】の有線コントローラーはWindows10PCにそのまま接続してゲームできるそうです。

私はゲームはPS4とニンテンドースイッチ、スマホでしかしないのですが、試しにPCに接続したら認識したのでちゃんと使えそうですね。

青いライトも点灯しています

バッテリー切れの心配がない

PS4は基本的に純正のワイヤレスコントローラーで遊んでいたので、バッテリーが切れそうになってわざわざケーブルを差し込んで充電しなくていいのは地味に良いです。
(何年も使ってると当然電池が持たなくなる)

激安なのにボタンが押しやすく快適に操作できる

実際の使用感も届くまでは一抹の不安があったのですが、完全に杞憂に終わりました。

めちゃくちゃ押しやすいし、多少荒っぽくボタンを押しても壊れなさそうな堅牢感。(まだ使い始めて1ヶ月そこらなので実際の耐久性は未知数ですが)

聖剣伝説3をやる分にはすこぶる快適ですよ、コレ。

もちろんデメリットもありますよ

ワイヤレスに慣れてるとコードが邪魔に感じる

最近のゲーム機はニンテンドースイッチなど全部ワイヤレスじゃないですか?

やはり久々に有線で接続すると、コードが邪魔に感じます。

私は昔からゲームをやっていたのですぐに慣れましたが、今時の子供は足とか引っ掛けないかちょっと心配です。

PSボタンで電源を入れられない

これも地味に面倒。

電源はもちろん、PS4をスタンバイ状態にしたとしてもイチイチ本体のところまで行ってボタンを触らないとゲームを再開できないので、スマホゲームやニンテンドースイッチに慣れてると面倒に感じるかも。

マイク差し込み口がない(ボイスチャットできない)

私はマイクを使わないので特に不便を感じませんが、FPSなどボイスチャットで連携が必要なゲームをプレイしている人にはこの有線コントローラーは向きません。

上から見た写真。マイク差し込み口はありません



マイクが必要な場合は、大人しく純正のコントローラーを買った方が良いでしょう。

タッチパッドの機能が一部使用できない

こちらも私は今のところ使っていないのですが、タッチパッドはスワイプなどの操作には対応していないようです。

ただ、タッチパッドを押すことはできるので、ある程度のゲームはプレイできそうです。

あなたがプレイしたいゲームが、タッチパッドの機能をフル活用しないか事前に確認は必須です。

まとめ

【メリット】

見た目が良い
Windowsゲームにも対応している
バッテリー切れの心配がない
激安なのにボタンが押しやすく快適に操作できる

【デメリット】

ワイヤレスに慣れてるとコードが邪魔に感じる
PSボタンで電源を入れられない
マイク差し込み口がない(ボイスチャットできない)
タッチパッドの機能が一部使用できない


聖剣伝説3のリメイク版をプレイするだけなら最強のコスパで有線コントローラーを使うことができます。

この記事が、少しでもあなたのお役に立てば幸いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です