最新iPad情報、総まとめ!  2021年の春は、新型iPadの発売祭り!?

6 min 424 views

今や仕事に遊びに、何でも使える超便利な端末『iPadシリーズ』。 

 

皆さんは、どうでしょうか??  使い倒していますでしょうか??

勿論、私は使い倒しています!  こういった書き物や、ちょっとした隙間時間での動画視聴SNSもそうです。  もう、iPad無しの生活が考えられないぐらいですね 笑

一応Macbookも持っているんですけど、作業の殆どをiPadで完結させている為、なかなかなスペックが必要となってきます。  ですので、何か新しいモデルが発売されるっと聞くと、居ても立ってもいられなくなってしまいます!

そこで今回は、今年の3月に発売されると噂されている各iPadシリーズの、今出てきている情報をまとめていこうと思っています!

1、モデル

さて、1月中旬までに分かっている情報で、どのモデルが発売されるのか??

それは、『iPad mini』『無印iPad(9世代)』『iPad Pro』の3機種です。

世代的には、今回が9世代目。  大幅なアップグレードが予想されますね。

そして、今の段階では『iPad Pro』に関しては、12,9インチのみが販売されると噂されています。  人気の11インチモデルは、少し販売タイミングが遅れるかもしれないとのことです。  少し残念な情報ですね…。

しかしここはApple製品、3月のイベントでは同時発売もあるのかも??  まだ噂段階なので、確証を得れませんが、やっぱり期待はしてしまいますよね!

2 各モデル紹介

① 無印iPad

まずは、このモデル『第9世代 iPad』。

このモデルを基本と考えてもらえば、良いのでは無いでしょうか??

それでは、今分かっている情報をまとめていきましょう。

1、本体

基本的な形は現行モデルのままですね、大幅なモデルチェンジは無さそうです。

ただ、変更点もあるようです。

細かなトコロをみていけば、本体の厚みが現行モデルの7.5mmから6.3mmになるようです。 続いて重さ。 こちらも現行モデルの490gから460gへと軽量化されています。  最後に本体の表示領域。 こちらも現行モデルの10.2インチから10.5インチへと拡大されています。

簡単に言うと、『画面が大きくなって、軽くなって薄くなった。 ちょっとコンパクト化されました』って事ですね!

2、チップ

こちらは、『A13Bionic』が搭載されると言われています。 コレは、iPhone 11Pro と同じチップです。

3、ディスプレイ

もしかしたら、ここが一番大きな変更点なのかもしれません。  変更点は4つ。 『フルラミネーション』『反射防止コーティング』『P3色域』『True Tone』です。

それぞれを簡単に説明していくと…

* フルラミネーション

これは、タッチ操作が楽になるってイメージです。 Apple Pen との相互性が格段と上がります! より書きやすくなるイメージですね。

* 反射防止コーティング

これは、太陽光(自然光)の反射を抑制してくれるシステムです。 外でiPadを使う時に、変に眩しかった経験ってありませんか? そういった事が軽減されます。

* P3色域

これは、色みの幅と厚みが増す感じですね。 より鮮明になり、色の輪郭がハッキリとするイメージです。

* True Tone

これは、既にiPhoneには実装されているので、聞いた事ある人って多いのでは?  つまり、iPad本体がホワイトバランスを感知し、自動で調整せてくれる機能です。

このディスプレイ部分の変更点が、今回の目玉でしょうね。 

って事は、値段ってどうなるの??  やっぱり、それなりに上がってしまうの…??

4、本体価格

今のところの情報ですけど、¥31,800~となっています。  iPad入門機としては、最高な機種ではないでしょうか??

②  iPad Pro

個人的に、一番気になっている機種なんです。  今のうちに現行を買っておくか、ちょっと待つか…。。。

では、見ていきましょう!

実は、結構色んな情報が出ていて、正直錯綜しています 笑

1、チップ

通常なら『Xシリーズ(A14X)』が搭載なんでしょうけど、時期モデルには『M1チップ』が搭載されるのでは!? っと噂されています。  このチップは、現行Macbook proに搭載されているチップです。

つまり、実際にこのチップが搭載されれば、iPadがよりパソコン化しますし、もはや同等の扱いになりますね。

実際は、どうなるんでしょうね??

2、ディスプレイ

* その1

こちらは『Micro LEDディスプレイ』が搭載されるのでは!? と、されています。   もしこのディスプレイが搭載されれば、Apple製品では初めての機種となります。

って事は、もしかしたらAppleはiPadシリーズに力を注いでいくのでは!? っとも考えられますね。  Macbookより先にiPadシリーズに採用されるって事は、そういう事なのでは??

今のところ、12.9インチのみの情報ですけど、11インチシリーズの噂もあります。

それは、11インチには、『有機ELディスプレイ』になるのでは?? っと噂されています。

さて、こちらもどうなる事やら…

* その2

『mini LED』

このディスプレイを簡単に説明すると、『液晶と有機ELとの、良いとこ取り』です!

事細かな数値での説明は、この辺りからは目視では確認できません!

つまり、更に綺麗に見えるって事です。

大きな特徴としては、『消費電力を抑えれる』ってトコロでは無いでしょうか??  iPad自体のバッテリーの持ちが良くなります。  これは良いことですね!

補足として、こんな噂もありました。

現行iPhoneでも搭載されている『ワイヤレス充電』。 こちらがこのiPadでも搭載されるのでは??  っと噂されています。  これが本当なら、iPadの背面にマグネット式の充電機を取り付ければ充電出来る! って当たり前か。。。

って事は、端子部分に余裕が出来るって事ですね??  外部ストレージを取り付けるのに、凄く便利になりますね

3 5G対応

これは予想通りでは無いでしょうか??  ただ、対応してくるんでしょうけど、まだまだアンテナの数が少ないので、まだ日本で使っていくには先の話になってくるでしょうね。

iPad Proに関しては、こんな感じの噂が出てきていました。  色々と情報が出てきているって事は、間違いなく生産は開始されているんでしょう。

多くの方の情報で溢れてきていますが、それだけ注目度が高い証拠でもありますね。 非常に楽しみです!

③  iPad mini

前々から、出る出る~っとされてきていた『iPad mini』。  実際はどんな噂が上がってきているんでしょうか??

その1

時期モデルは数えで『6作目』。  そろそろ大きな改革がなされるのでは!? 期待は高なります。

噂 その1

こちらは、現行モデルの7.9インチから8.4インチになるのでは? っと噂されています。 って事はフルサイズ!?になるの??

ここは、フルサイズにはならず、ベゼル部分が細くなって表示領域が広くなるだけみたいですね。

って事は、本体の形(仕様)が大きく変更されるのでは??

ここに関しては変更点は無く、ホームボタン式のまま継続されるみたいです。

端子に関しては、ライトニング端子のままか、TYPE-Cになるのか…。  ここはまだ不明ですね。

もし、ライトニング継続ならば、Apple Penも、第一世代のPenしか使えない。  今の時代に合ってない…。

噂 その2

* ボディーサイズ

こちらは、現行モデルの7.9インチから8.3インチに広がります。  ただし、ボディーの形はそのまま継続で、ホームボタンが無くなり、フルディスプレイが採用されるとの事です。

認証システムはどうなるの??

これに関しては、『電源ボタン内臓型のタッチID』になるとも噂されています。 現行iPad Air 4と同じ仕上がりになるとされています。

って事は、Apple pen 2に対応するって事ですね!  ちなみに、Magic Keyboardは非対応になるみたいです。

* 画面

mini ELDが採用されるとの事です。  上記でも書きましたが、省エネ仕様で、色目のコントラスト比も上がり、格段と綺麗に映し出されます。

* カメラ

12メガピクセル・4K撮影が可能になります。

* スピーカー

これもiPad Air 4と同じ仕様で、横置きステレオスピーカー対応になります。

* 価格

wifiモデル      64GB  ¥52.800ー

          256GB  ¥68.150ー

cellularモデル    64GB  ¥66.050ー

          256GB  ¥81.080ー

どうでしょうか??  割と細かくリアルな噂も上がってきています。  これは実際の発売が楽しみですね!

3、補足情報

ここでは、全モデルに共通しているのでは??  って事をまとめてみました。

① カラーバリエーション

一つ画像が上がっていました。   その中で、気になるのが『』。

そう、従来のスペースグレー・シルバー・ゴールドの3色から、今回から『プロダクトレッド』が追加されています。

これがどのモデルに当てはまるのか?  もしくは、どれか限定されているモデルなのか??

②  ベゼルが細くなる、『フルサイズにはならない』

これに関しては、『無印iPad』『iPad mini』に限った事なんですけど、本体の形は、現行のiPad Air 4の形が基本になるのでしょうね。  これはイメージしやすいです。

ここは、おそらくこの噂通りになるんではないでしょうか??  ほぼほぼ確定でも良いと思っています。  何なら、そうであってほしいです!

まとめ

全モデルこれだけ多くの噂が出ているって事は、上記でも書きましたが、やっぱりそれだけ注目度は高いんでしょう。

そして、最後の噂情報です。   これらの販売時期は『2020年 3月』っと、多くの方が予想されています。

これが本当なら、あと2ヶ月となっています。   あと少し!

今、購入を考えている方がいらっしゃれば、もう少し我慢をして、待ってみてた方がいいかもしれませんね??

私も新型iPad Proが出るのを、おとなしく待っていようと思います。

いやぁ~、楽しみだ!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です