PS5の内蔵SSDvs外付けHDD!!ロードにかかる時間を動画で比較します!

4 min 1,334 views

PS5を購入して、一番困るのが容量だと思います。

何故ならばPS5の容量は667.2GBしかないからです。

大体容量の大きいゲームソフトの容量は50GBもありますので、この容量だとゲームソフトが13本ほどしか入りません。

なので、多くのゲームを遊ぶには外付けHDDが必要になってきます。(PS5で外付けHDDが使用できるのは、PS4専用タイトルのみで、PS5専用タイトルでは外付けHDDは使用できません。)

しかし、外付けHDDだとロードの時間がかなり遅くなりそうで嫌ですよね。

そこで、外付けHDDとPS5の内蔵SSDではロード時間がどれだけ変わるのか、動画で比較していこうと思います。

意外な結果になりましたので、是非、最後までご覧ください。

↑1つの動画でまとめてご覧になりたい方はこちら↑

PS5内蔵SSDと外付けHDDのロード時間比較

Apex Legendsのロード比較

ロードが比較的短い、Apex LegendsをPS5内蔵SSDにダウンロードした場合と、外付けHDDにダウンロードした場合の2つのロード時間を比較します。

上がPS5内蔵SSDで、下が外付けHDD8TB(BUFFALO HD-AD8U3)です。

動画をご覧ください。

いかがだったでしょうか。

PS5内蔵SSDが5.16秒、外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)が3.63秒でした。

何と、Apexでは、外付けHDDの方のロードが1.53秒速い結果になりました。(2020年12月24日時点での結果。アップデートにより変動する可能性有。)

これは、おそらくソフトがPS5に最適化されていないのが原因だと思われますので、アップデートで逆転する可能性はありますが、それでも、現状は外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)の方が速い結果になりました。

それでは、次のゲームに移りましょう。

The Sims 4のロード比較

次もロード時間の短い、The Sims 4のロードを比較していきます。

動画をご覧ください。

いかがでしたでしょうか。

The Sims 4では、PS5の内蔵SSDが7.83秒、外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)が6.41秒で、またも外付けHDDが1.42秒速い結果になりました。(2020年12月24日時点での結果。アップデートにて変動する可能性有。)

最初は、PS5の内蔵SSDの読み込みバーが速いと思われましたが、途中から外付けHDDが凄い追い込みをしましたね。

ロード時間が短いゲームタイトルは、両方ともPS5の内蔵SSDより、外付けHDDの方が速い結果になりました。

それでは、ロードが長いゲームタイトルですと、どうなるのでしょうか。

次はロード時間が長いゲームタイトルのアサシンクリードオデッセイで比較してみましょう。

アサシンクリードオデッセイのロード比較

動画をご覧ください。 

結果は、PS5の内蔵SSDが30.08秒、外付けHDDが1分1.1秒で、PS5の内蔵SSDの方が30.93秒速い結果になりました。(2020年12月24日時点での結果。アップデートにより前後する可能性有。)

流石にロード時間が長いゲームタイトルの場合はPS5の高速SSDの速度の方が速いですね。

次も、ロードが長いタイトルを比べてみます。

The Crewのロード比較

The Crewのロード比較をします。

動画をご覧ください。

結果は、PS5の内蔵SSDが35.56秒、外付けHDDが44.28秒で、PS5の内蔵SSD方が8.72秒速い結果になりました。(2020年12月24日時点での結果。アップデートにより前後する可能性有。)

The CrewもPS5の内蔵SSDが速い結果になりましたので、どうやら、ロードが短いゲームは外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)の方が速く、ロードが長いゲームは、PS5の内蔵SSDの方が速いといえるのではないでしょうか。

この結果から、ロードが短いゲームを好んでプレイする方には、この外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)はかなりお勧めできるHDDだと言えます。

次に、今回比較動画に使用した、外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)のサイズを見てみましょう。

比較動画に使用した外付けHDDの本体サイズ

500円玉を置き、サイズ比較してみました。

いかがでしょうか。

とてもコンパクトといえると思います。

これでしたら場所もあまりとりませんので、かなりお勧めできます。

次に、外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)の値段を見てみましょう。

比較動画に使用した外付けHDDの価格

価格はAmazon新品価格、2TB 7,980円、3TB 9,070円、4TB 9,480円、6TB 12,980円、8TB 16,911円(2020年12月25日時点での価格。変動する可能性有。)です。

かなり安価で、お勧めできる価格です。

是非、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

次に、まとめに入ります。

まとめ

PS5の内蔵SSDに該当するゲームをダウンロードして、ロードさせた場合と、外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)にゲームをダウンロードしてロードさせた場合の2つを比較した結果、

  • Apex Legendsをインストールし、比較した結果は、PS5内蔵SSDが5.16秒、外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)が3.63秒で、外付けHDDの方のロードが1.53秒速い結果になりました。(2020年12月24日時点での結果。アップデートにより変動する可能性有。)
  • The Sims4をインストールし、比較した結果は、PS5内蔵SSDが7.83秒、外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)が6.41秒で、またも外付けHDDが1.42秒速い結果になりました。(2020年12月24日時点での結果。アップデートにて変動する可能性有。)
  • アサシンクリードオデッセイをインストールし、比較した結果は、PS5内蔵SSDが30.08秒、外付けHDDが1分1.1秒で、PS5の内蔵SSDの方が30.93秒速い結果になりました。(2020年12月24日時点での結果。アップデートにより前後する可能性有。)
  • The Crewをインストールし、比較した結果は、PS5内蔵SSDが35.56秒、外付けHDDが44.28秒で、PS5の内蔵SSD方が8.72秒速い結果になりました。(2020年12月24日時点での結果。アップデートにより前後する可能性有。)

この結果から、ロードが短いゲームタイトルは外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)の方がロード時間が短く、ロードが長いゲームタイトルはPS5の内蔵SSDの方がロード時間が短くなったと言えます。

そして、外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)本体の大きさが、

このような大きさで、かなりコンパクトです。

価格は、Amazon新品価格、2TB 7,980円、3TB 9,070円、4TB 9,480円、6TB 12,980円、8TB 16,911円(2020年12月25日時点での価格。変動する可能性有。)で、比較的安価です。

最後に、今回比較動画で使用した外付けHDD(BUFFALO HD-AD8U3)のAmazonのリンクを貼っておきます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です