AirPodsStudioってどうなの?? いつ発売?? 値段は?? これまで出ている噂、リーク情報総まとめ!

8 min 48 views

さぁ~やってきました、Apple新商品祭りです!

毎年この9月は、Appleファンにとって、重要な月ではないでしょうか?  そうです、WWDCです!

今年はコロナの影響で異例の(??)毎月1回の計3回開催される事がアナウンスされました。

それぞれ、一体何が発表されるんでしょうか??  気になりますよね??

さて、ここから…。

今まで色んな噂がありましたよね!?  iPhone12も、iPad各種も、HomePodもそうですよ。

その気になる商品達がお披露目されていきます。  財布の中身も気になってしまいますが…。

その中で、今回は『AirPods  Studio』を取り上げてみようと思います。

1 AirPod Studio の概要

①  デザイン

では、一体『AirPods  Studio』ってどんな商品なんでしょうか??

一言で、簡単に説明したら『Apple純正のヘッドフォン』です。  今までなら、Appleと言えば『Beats』をイメージされる方が多いと思うんですけど、ここにきてやっと登場です!

その名も『AirPods  Studio』!

Apple社の持っている従来のイメージ通り、白や黒をベースに、スタイリッシュなデザインと、よりアーバンな仕上がりとなっています。

恐らくこの形で発売されるでしょう。 ここまでリーク情報が出てきていますので、大幅なモデルチェンジは考えにくいかと思います。

この見た目、どうでしょうか??  世界中のApple信者のココロをくすぐってきますね!

そうではない方にも受け入れられそうなデザインだと思います。

デザインは最高!  では次に、気になる『音質』の方は、どうなっているのでしょうか??

② 音質

今現在販売されているApple純正の音響系と言えば『AirPods』ですよね??  街で見かけない日など無いってぐらいに、多くの方の耳元には、あのイヤフォンが装着されています。

この記事を読んでくださっている方の中にも、きっとそのお手元にはあるのでは無いでしょうか??  『AirPods』もそうですし、『AirPods Pro』なのかも知れませんね??

程よくバランスの取れた音階、それは主張し過ず、けどしっかりとそのベース部分を支えてくれている低音部分と、音質の広がりを十分に感じ取れる高音部分、音の輪郭を形成し、音の膨よかさを表現している中音部分。

この3つのバランスがしっかりと取れているApple社の音質、凄く聞きやすいし、長時間聞いていても耳の負担にもなりにくいと思っています。

そして、9月の下旬辺り、ここにきて『iOS』と『iPad OS』が14にアップデートされました。

色んな面で改革がなされていますが、注目の1つに『空間オーディオ』が挙げられると思います。

これに関しては、『AirPods Pro 』のみが対応なんですが、そのアップデートだ最高との事です。

この様に絶賛の嵐です!

具体的に説明すると、『映画館の音響』なんです。 映像の通りに音も一緒に動いているんです。

今映像で見ている雰囲気のまま、見ている本人がその場に居合わせているかの様な錯覚に陥る…。  それぐらいの臨場感を味わえる音響を演出できる様になっているんです!

これに関しては、『Proモデル』のみになっています。 通常のAirPodsには対応されていません。 何故なら、ProモデルとiPhoneと同期させる時に『密閉』を試されるからなんですよ。

ちゃんと耳の穴の大きさに合わせて、音漏れが無いことを確認されるからなんです。 

そうです、この『密閉』に秘密が隠されているんです!  外部からの余計な音の侵入が無い事が条件で、この演出が成立するんです。

って事は…??

このAirPods Studioはどうでしょうか??  この耳が当たる部分、『密閉』されていますよね??  

って事は…!!

否が応でも期待してしまいますよね?? AirPods Proモデル以上の音質!!

基本的音質は裏切ってこないでしょう。 そしてここに来ての、この『空間オーディオ』ですよ!?

ただただ楽しみでしかありませんよね??

③  価格

参考になるかどうかは、定かではありませんが(!?)、今販売されている『AirPods Pro』の価格が、¥27,800-(税別)になっています。 これだけの機能を備えていますので、それなりの価格設定になっていますね。

https://www.apple.com/jp/shop/product/MWP22J/A/airpods-pro

では、大凡の価格としては、少なく見積もっても¥35,000~になるのでは無いでしょうか??

これは、個人的な予想価格ですよ。

しかし今のトコロ、こういった情報が上がってきています。

new over-ear headphone. AirPods studio $349…  !!

さぁ~どうでしょうか?? こちらのジョン・プロッサー氏のツィートでは、こう思われています。 しかし、これまでiPhoneや、iPadシリーズもこれまで数々のリーク情報を上げてこられて、そして数々の情報を見事当てられてきたこのジョン・プロッサー氏。

果たして今回は…??

④  発売日

2020年9月の新商品発表では、一切アナウンスされませんでしたね…。  

っという事は、10月中の発売の可能性はかなり下がったと捉えた方が良さそうですね。  なんなら年内発売されたらラッキー! って考えておく方が良いのかも知れません。

急にゲリラ的に販売される可能性も、もちろんあります。  そして、まだ年内にあと2回新商品発表のAppleイベントの控えている事ですし。

最悪(??)年明け発表になるかも知れません。  個人的に楽しみにしている『iPad mini』の発表も、もしかしたら来年の春辺りになるかも?? っと噂されていますし、もしかしたら同じタイミングでも発表になるかも知れませんね?

遅くて来年の春辺りで、早くて年内。

こういった予想でどうでしょうか??

2 メリットとデメリット

大凡の概要は、これで分かってもらえたかと思います。 どうでしょうか?? 楽しみですね??

何にしても、Apple新商品発表って、やっぱり色んな意味でワクワクしてしまいます!

では、購入を検討されている方に向けて、今考えられるメリットとデメリット部分を少し考察してみましょう。

① メリット ー 映画好きならマストアイテム!

これは、空間オーディオ機能がベースの考え方です。 

自宅でゆっくりと映画を楽しもうと思っていられる方って、1人でゆっくりと、自分だけの時間を楽しみたいですよね??  ゆっくりとソファに腰かけて、電気を消して、飲み物もしっかりと準備して…

まさに自室が映画館に早変わり!  そして、どうせなら音響も大迫力で楽しみたいですよね?

そんな時にAirPodsの様に小さなイヤフォンより、より大きなヘッドフォンタイプの方がより楽しめます!

部屋では中々大きな音は出しにくいと思います。 隣近所の迷惑も考えないといけませんからね。

②  メリット ー 音楽自体を、より深いトコロを楽しめる。

イヤフォン型って、どうしても音の出る部分が小さいため、出せる限界っていうものがあります。

今の技術や化学精力を持って、表現する事の出来る限界が、もしかしたら『AirPods Pro』なんではないでしょうか??

これは個人的見解ではありますが、恐らく同意してもらえるでしょう。

そして、その音を出せる部分がヘッドフォン型では更に大きくなっています。 って事は、表現出来る事が広がるって事では無いでしょうか??

映画に関わらず、いつも聞いている好きなアーティストのあの楽曲も、今まで以上に楽しめるって事ですよ!

個人的には、RockやPopsも良いんですけど、ここは敢えてJazzとか、昔のSoul、Funkとかを試しに聞いてみて下さい!  より臨場感を感じられると思います。

そういったジャンルって、実は色んなHipHopアーティストの楽曲のサンプリングネタにされている事が多いので、新たな発見があるかも知れませんよ??

③  メリット ー 冬場の通勤通学時の耳当てとして。

これに関しては、少し『ネタ』っぽく聞こえてしまうかも知れませんが、けどリアルな意見だと思います。

かじかむ程に冷たい風が吹いている冬の日、耳が痛い…  耳当てがあれば…  どうせなら好きな音楽を聴きたい…

そんなワガママを叶えてくれるのが、ヘッドフォン型では無いでしょうか?? AirPodsでは出来ない事を、このAirPods Studioなら叶えてくれます!

続きまして…

④  デメリット ー 買い換える必要ある??

やっぱり値段は意識されると思います。 せっかく3万弱を出して、AirPods Proを買ったのに、ここにきてAirPods Studio…

さぁ~どうします??  買い替えますか??  余裕がある方なら選択肢が増えて良いと思うんですけど、多くの方は逆側ではないでしょうか??

価格にもよるとは思いますが、せっかく買ったのに使わなかったら勿体ない!

使い分けって方法もありますが、やはりそれは『贅沢な環境』なのかも知れませんね?

⑤  デメリット ー 空間オーディオが使える環境。

これは、どういう事かというと、この『空間オーディオ』がYouTubeやその他の動画サイトなどに対応されていると思っていて、ついAirPods Studioを買ったは良いものの、実は今のところでは『Apple  TV』でしか対応していないんです。

ここでもApple純正品しか適応されない…   これは痛い!!

ここは早く色んな方法で楽しみたいですよね!?  ただ、必ず適応されるかどうかは一切わかりません。  もしくは、Apple TVに加入して楽しむか…。。。

確かにApple TVも色んなコンテンツがあるので、楽しめるのは十分すぎるぐらいに楽しめるんですけど、こういった『YouTubeとかも対応されているんでしょ!?』 みたいに、ちょっと勘違いをされて買ったは良いが、空間オーディオが使えないって事の無い様に!  そこはデメリットとして捉えています。

⑥  バッテリー問題。

ここでも憶測の話なんですが、『空間オーディオ機能』に関する事です。 AirPods Proの話になってしまうんですけど、『ノイズキャンセル機能』をオンの状態にしておくと、バッテリーの持ちが4時間半ほどになってしまいます。 簡単な目安で言ったら、アルバム4枚分ぐらいですかね??  映画なら2作品程でしょうか??

もし、家で映画を見るのに使っていて充電せずに外に持ち出したら、バッテリー切れ… って事が頻発しそうですね??

もう1度言いますけど、これはAirPods Proに関しての事。

けど、これらが1つの目安になってきませんか??  もしかしたらAirPods Studioも消費電力が大きいかも知れませんね??  1日1回の充電はマストになってくるかも知れません。

3 期待値は??  世間のリアルな声の紹介!

色んなメリットやデメリットはあるものの、やはり期待値は高いですね??  上記でも期待されている方の方が多数でしょうし、その辺りをもう少し深堀って言ってみましょう!

まずは、単純に皆さん欲しいリストに入ってますね~。 それだけ注目度の高い商品って事の証明でしょうね!?

使用目的はやはり、空間オーディオですね。  映画好きには必須の、マストアイテムなんでしょう。

ツィートにもありますが、自宅でホームシアターが組めない方にもオススメです!  余計なスペースを取る必要もないですし、ホームシアターをそこそこ本気で組んだら、スピーカーが5つとアンプ、あとコード類など、揃えないといけない物が多く、かなりの予算もかかってしまいます。  ですので、こういった高性能ヘッドフォン1つあれば全て解決するんであれば、最強コスパ商品ですね!

そして、意外と多いのが、『リーク画像』。

これに関しては、まだ確定はしていませんし、実際に商品がアナウンスされない事には何も確証を得れないんですけど、こう言った声が上がっています。

https://twitter.com/swiphone/status/1306260786583494657?s=21

こう言ったデザインなのかも知れませんね??  ジョン・プロッサー氏もこう言ったリーク情報も出されていますね。

さて、実際はどうなるんでしょうね??  個人的にも、こう言ったデザインなら…。。。 なんか少し『昭和感』というか、少し哀愁すら感じるデザイン…。。。

皆さんならどうでしょうか??  どういった感想を持ったのか、すごく気になりますし、はたまた実物も気になりますよね??

商品のアナウンスも気になるトコロです。  一体いつ公表されるのか!?  もう暫くそのタイミングを楽しみに待ってみましょう。

総括!!

ほどんどの方が期待されていますね、機能としては最高でしょう。 そして、まだ明らかになっていない情報もあるのかも知れませんね。  例えたら『ジェスチャー機能』。 まだ情報が少なかったので、実際にどう言った事が出来るのか謎のままですが、これも楽しみの1つです。

もっと色んな事が可能になってきそうですね、正に『未来の道具』!

それらが年内に発表されるのか!!??  こうご期待です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です