【JOYSKY】スマホスタンド ホルダーの使用感をレビュー!メリット・デメリットとは【中華ガジェット】

2 min 38 views

普段スマホで動画やゲームをする際はどのようにスマホを置いているでしょうか。

机に寝かせて置いているとついつい姿勢が悪くなり体を痛めてしましますよね。

そんな時は「JOYSKY スマホスタンド ホルダー」がオススメです!

このスタンド・ホルダーを利用するだけで普段の生活をより快適に過ごすことができるんです。

この記事では、JOYSKY スマホスタンド ホルダーの使用感やメリット・デメリットを紹介します!

JOYSKY スマホスタンド ホルダーのメリット3選

非常に軽量で持ち運びがしやすい

JOYSKY スマホスタンド ホルダーの最大の特徴の一つが、非常に軽量であることです。

製品の詳細は以下の通りです。

  • 素材;アルミ合金
  • カラー;シルバー・ブラック
  • 製品重量;88g
  • サイズ;63 x 68 x 95 mm
  • 価格;799円(税込)

上記の通り重量はたった88gしかありません!

かなり軽量化が行われており、カバンに入れていても全く重さを感じさせないので持ち運びがとても楽になりますよね。

しかも、価格は799円とかなり安めの各設定となっています。

他社のスマホスタンドでは、1,000円前後が相場なところJOYSKY スマホスタンド ホルダーは799円とかなりお得な価格設定となっているので、どれを選んだらいいかわからない方でもかなり手が出しやすいですよね。

様々なシーンで利用可能!

スタンドの背面には穴が何個か開いているので、充電もしなが利用もできますし、ケーブルを繋げてゲームをすることもできます。

軽量なのにもかかわらず程よいサイズ感なので、外出中に使用しても全く違和感はありません。

シンプルなデザインとなっているので様々なシーンで活用することができます!

スマホ以外も対応している

スマホスタンド・ホルダーという商品名ですが、利用できるのはスマホだけではありません。

4〜13インチまでのタブレットもおくことができますし、ゲーム機の任天堂Switchもおくことができるんです!

端末を設置する場所と土台には、4つの滑り止め・端末をセットする部分にも大きな滑り止めが設置されているため、滑り落ちる心配もなく快適に使用できます。

JOYSKY スマホスタンド ホルダーのデメリット2選

角度調節が難しい

JOYSKY スマホスタンド ホルダーは関節部分を270°曲げることが可能なので、かなり柔軟に角度調節を行うことができます。

しかし、大きめのタブレットやスマホを置いた際は一発でベストな角度に設置することは難しいです。

ベストな角度で端末を置かなければスタンドが後ろに倒れてしまう可能性があります。

そのため、端末を設置する際にベストな角度で置けるよう少しなれが必要です。

振動が多い際は利用しづらい

静かに動画だけを視聴するなら全く問題はありません。

しかし、振動が起こるゲームをプレイするならスタンドのセットに注意が必要です。

ホルダーには滑り止めがついているのですが、強い振動に耐え切れるような設定にはなっていません。

そのため、FPSゲームなどの強い振動が起こるゲームをプレイする際はスタンドを使うのをやめて手持ちに切り替えてプレイすることをオススメします。

まとめ

現在スマホスタンド・ホルダーを利用していない方にはぜひ、JOYSKY スマホスタンド ホルダーを利用して欲しいです。

799円という価格にもかかわらず、得られるメリットがかなりデカいです。

利用するだけで小さなストレスを解消することができるので、普段の生活の生産性がかなり上がります!

まだ、スマホスタンド・ホルダーを使っていない方は、JOYSKY スマホスタンド ホルダーを一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です