MacBook Air 11-inch mid 2012の使用感をレビュー!メリット・デメリットとは

2 min 51 views

皆さんは普段パソコンは何を使っていますでしょうか。

私は以前までは、Windowsのパソコンを使っていたのですが、現在は「MacBook Air 11-inch mid 2012」を使用しています。

MacPCに憧れあったのでフリマサイトで思い切って購入してしまいました。

今まではパソコンなんて「結局どれも一緒だろう」と思っていましたが、Macに買い替えてからは生産性が見違えるほど向上しました。

この記事では、圧倒的な操作性で生産を上げてくれるパソコン、MacBook Air 11-inch midのレビューやメリット・デメリットを紹介していきます!

MacBook Air 11-inch mid 2012のメリット3選

持ち運ぶのに最適なサイズ

MacBook Air 11-inch mid 2012を購入したのは、外出の際に持ち運び可能なサイズのパソコンが欲しかったからです。

使ってみて一番最初に思ったことは「とても軽い」ということです。

MacBook Air 11-inchの重さは1.2kgしか有りません。他パソコンと比べもにならないぐらい軽いので、外出先でよくパソコンを使った作業する方にはかなりオススメです。

MacPCとは思えないほど安価に手に入る

Mac PCは最新のものだと、正規店で購入すれば約10万円以上するものが大半ですが、

MacBook Air 11-inch mid 2012なら、8年前の機種になるので、オークションサイトで購入を行えば2.5万〜4万で手に入ります。

2.5万〜4万円台なら、初めてパソコンを購入する方でも比較的手が出しやすいですよね。

8年前の機種でも最新OSが利用できる

MacBook Air 11-inch mid 2012はその名の通り、2012年に発売されたパソコンです。

しかし、2020年最新版のOS Catalinaを利用することができるんです!

MacPCの場合、様々なアプリをダウンロードすることができるのですが、OSが最新版でないとダウンロードできないことが多々有ります。

そのため、2012年のPCでも最新OSで利用できるのでMacPCを快適に使うことができます。

MacBook Air 11-inch mid 2012のデメリット2選

公式サイトで購入することができない

現在MacBook Air 11-inch mid 2012は、Apple公式サイトでは購入することができません。

また、MacBook Air 11-inchサイズのMacも公式サイトで購入することはできません。

そのため、MacBook Air 11-inch mid 2012を購入したい方は、フリマサイトでしか購入することができないので、欲しい時はすぐ購入できないので少し面倒かもしれません。

OSが変更になると最新版を使えなくなる可能性がある

メリットを紹介した際に、最新OSを使うことができると記載したのですが、2020年現在ではMacBook Air 11-inch mid 2012でも最新版OSを利用することができます。

しかし、OSは3ヶ月〜5ヶ月以内にソフトウェアアップデートが行われ、1年に1回ほどOSが更新されることがあります。

その際、新しい機種でないと更新できない可能性があるので注意が必要です。

まとめ

MacBook Air 11-inch mid 2012は現在公式サイトで購入することはできないですが、フリマサイトを確認してみるとかなりの量がやり取りされています。

そのため、少し調べてみると簡単に手に入れることができます。

私も大手フリマサイトで調べてみると簡単に購入することができました。

購入してからは、かなり使い心地もよく、Windowsを使っていた頃よりもかなり生産性が上がりました!

Macを購入したことがない方や普段Windowsを利用している方も一度MacBook Air 11-inch mid 2012を購入してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です