Apple Watch series3を毎日使ったみた使用感を徹底レビュー!

8 min 72 views

あなたはスマートウォッチはお持ちでしょうか?

Apple Watchか、それ以外のAndroid対応のスマートウォッチでしょうか。

もしくは、買おうかどうかお悩みだったりしませんか?

実際そこそこの値段もするし、いろんなモデルも発売されています。


いざ購入しようと思っていても、どれを選んだら良いのだろうか…?

周りの友達や知り合いも持っていないし、使い心地も分からない。

それにいざ購入しても、自分には使いこなせれるのだろうか?

こういったお悩みを少しでも解消できるよう、実際にApple Watchを使っている私の感想レビューをお伝えしていこうと思います。

それでは、いってみましょう!

スマートウォッチ選びはどうしたら良いの?Apple Watch series3でライフスタイルが大きく変わる?!

ここ数年で色んなメーカーから『スマートウォッチ』が発売されてきました。

今では『Apple』はもちろん、『HUAWEI』『SAMSUMG』『シチズン』などなど、挙げていけばキリがないほど発売されています。

お値段も¥5,000-辺りから¥50,000を超えてくるような、さらには10万以上するハイスペックモデルなんかもあります。

これらのモデルって一体どこがどう違うんでしょうか?

ザックリいうと、全部同じです!

身も蓋もあったもんじゃない言い方しましたが、時計本来の『時間を知る』という本質から見ると、すべて同じなんです。

けど、色んなメーカーがこぞって販売されています。 それは何故なんでしょうか?

皆さんの生活の中で、すでに無くてはならない存在、それは『携帯電話・スマホ』です。
そう、そのスマホと連動出来るのが、このスマートウォッチの最大の魅力です。

iPhoneをお持ちの方なら『Apple Watch』、Android osの携帯をお持ちの方なら、その対応されているスマートウォッチ。 といった感じに、それぞれの相互性が良いモデルを選んでみて下さい。

そこで、今回はiPhone ユーザーの方で、これからApple Watchデビューを考えてらっしゃる方に向けて説明していこうと思います。

では、一体どんな事が出来るのでしょうか?

Apple Watch series3で出来ることって?

利便性の1つ目『通知機能』

さて、このApple Watchに出来る事って何なのでしょうね?

いざ買ってみても、使いこなせなければ、『宝の持ち腐れ』になってしまいます。

単なる時計でしょ??

いやいや、これが違うんです!

簡単にいったら『着けている腕に、iPhoneが着いている!』ってイメージです。


そう、利便性の1つ目『通知機能』です。

多くの方が利用しているSNS、LINEやTwitterなどはもちろん、メール等も届いたらお知らせしてくれます。


わざわざカバンから携帯を取り出して確認しなくても、Apple Watchさえあれば、内容が確認出来ます。

この一手間が意外と面倒くさかったりするんですよね〜…

そして、簡単な定型文やスタンプであればApple Watchから返信だってする事が出来るんです!

利便性の2つ目『通話』

Q:Apple Watchで電話はできる??

A:はい、もちろん出来ます!


何てったって、『腕に着けているiPhone』ですからね。

しかし、ここで少し問題があります。

それは、『Apple Watch単体では電話・通話はできない』って事。

iPhone本体が近くにないと、通話機能が使えないんです。

カバンにiPhoneさえ入っていれば『通話機能』は使えます。

ここでもわざわざカバンから出さなくてもいいんです。

どういう事かというと、Apple Watchは2種類販売しています。

それは、『GPS + Cellularモデル』、『GPSモデル』です。

両モデルとも、通話出来るんですですけど、このCellular機能っというのは、iPhoneが側になくても通話機能が利用できるって事なんですよ!

つまり、iPhoneを家に忘れてきても、通話する事が出来るし、メール等の通知も受け取る事が出来るんです。

ただし、その分少しお値段が上がってしまいますが…。。。

そして、通話内容は全て丸聞こえです。

トランシーバーみたいな感じをイメージしてもらえれば分かりやすいかもしれませんね。

けど、ここ最近では街を歩いていたらハンズフリーで携帯を持たずに誰かと話している人って急に増えましたよね?

そんな風景も日常茶飯事になりつつなるので、そんなに気にならないのかもしれませんね。

あと、自宅にいる場合なら凄く便利な機能だと思います。

あ、コナン君のワンシーンみたいな感じです!

利便性の3つ目『支払い方法』

これは、どういう事かというと、まずは『Suica』。

そう、SuicaがApple Watchの中に入っているんです。 と、いう事は…

まず、電車に乗るのが、凄く楽なんです!

手をかざすだけで改札をくぐれるのってどうでしょう? 便利じゃないでしょうか!?
あと、Suica対応の自動販売機でも、飲み物を買う事が出来ます。

続いて、Apple Payが対応しているコンビニなどのレジならば、そのままApple Watchでそのまま支払いが出来るんです!

何点か書きましたが、『わざわざカバンから財布を取り出して、現金〜や、カードを〜』なんて、取り出す必要性がないんです!

利便性の4つ目『時間が分かる』

これは、元々が時計なんで当たり前なんですけどね (笑)
これも、今までは携帯を取り出して時間を確認していたと思うんですけど、その手間も省けます。

最後に5つ目『メディカル・チェックができる』

これは、日常の自分の習慣がわかります。
どういう事かというと、まずは『運動』。

毎日の、どれだけの運動をしたのかが分かります。

例えば万歩計機能があります。
今日はどれだけ歩いたのかな?なんて事もすぐに分かるし、一週間での『ウォーキング + ランニングの距離』も記録してくれます。

そして、1日の消費カロリーも記録してくれます。

これらは『アクティビティ』というアプリが全て管理してくれますので、自分の日頃の習慣が一目瞭然になってしまいます。

これらが分かって、一体何が良いの??

まずは、意識改革になります。

最近運動やスポーツをして、良い汗を流していないな〜…
なんて、調べてみたら、全くカロリーを消費していない!!

これらが全て数値化されたらどうでしょうか?? 無理やりにでも初めてみよう! って、少しは思いませんか?

あと、これからダイエットをやっていくぞ!って考えている人にも、凄くオススメです!

確かに、iPhoneにもコレらを管理できるアプリはあります。

けど、より気軽に取り組む事が出来るっという事は、嬉しくないですか?

少しハードルが下がったような気もしませんか??

こういった『生活習慣スタイル』にも、バッチリとハマる優秀なApple Watch、最高ですよね!

こういった5つの利便性から、Apple watchの存在ってかなり大きいと思います。

ここでは確かに『メリット・良い事』しか取り上げていません。


では、Apple Watchを持つ事によるデメリットや問題点・心配事を次の項目で解説していきます!

Apple Watchのデメリット・不安材料ってあるの?

これだけ色々と機能が備わっているのだから、バッテリーの持ちって気になりませんか??

ちなみに私(筆者)は3年弱ほどApple Watchを使っています。

そして毎日着けています。 そんな私から言える事は…

何の問題もありません!!

基本的に夜寝る前に充電させています。って事は、起きたら充電は100%になっています。

その状態で、どれくらい持つと思いますか??

ウチのは、2日間は十分持ってくれます。 

ただし、それは使い方次第だと思います。 目安で言うと…

基本的に、寝る時と、お風呂以外はほぼ着けっぱなし。


そして時間を見る事と、音楽を聴く。

この用途以外使っていません。(笑)


もちろんカード登録等は済ませているのですが、仕事では電車は使っていませんし(自転車通勤)、自動販売機であまり飲み物を買わず、コンビニに頼っています。

こういう使い方をしていると、2日間は十分で、問題ありません!
もちろん、通知機能はオンですよ!

大体2年も使えばバッテリー自体も弱くなってきて、買い替えを検討し始めるかと思いますが、今のところは、まだ大丈夫そうです。

次に問題点を挙げるとしたら、おそらく『水問題』だと思います。

今販売されているモデル『シリーズ3、4、5』に関しては、全く問題ありません!
シャワーでも、海でも、プールでも、もちろん雨にでも対応しているので、安心して下さい。

分かりやすくいえば、『日常生活においての、防水機能は完璧!』なんです。

こちらも、何も問題ありません。


あとは、表面のガラスって傷つきやすいのでは??

Apple WatchはiPhoneと違って、さらにより強固なガラスが採用されています。

なので、ちょっとやそっとでは傷なんて付かないんです!

実際、買ってから今までそこそこ何かしらにぶつけてきたと思います。

なんせ3年弱も経っていますからね。

だがしかし、目立った傷なついていないんです!

よく見たら、小さな傷はあると思いますが、けどそんな程度なんです。

わりと何の気も使わずに普通に使っていますが、なかなか頑丈なんですよ。


ちなみに今までApple Watchを落とした事はありませんが、もし落としてしまっても大丈夫だと思います。   

コレだけは実験したくないですね。

あと、いつもは腕時計は左手に着ける人って多いと思います。

普段の利き手と逆の腕です。

コレに関しては、利き手側につけると、よく動かす手になりますので、もしかしたら動かしている最中に角とかをぶつけてしまって傷着けてしまいそう… だという理由だと思います。

確かに、実際Apple Watch自体も右手に装着した方が、色々と便利だと思います。

改札などの場面を想像してみて下さい。

カードをタッチさせる画面って右手側にある事って多いと思うんです。

そんな時にでも、一々逆の左手側を右側にかざさないといけないという小さなストレス場面も遭遇していくと思います。

なので、Apple Watchだけは自分の利き手側に装着させないといけないかもしれません。

コレに関しては『慣れ』の問題かもしれませんね。

最初は多少意識していかなくてはいけません。

大体コレってデメリットなのでは!?みたいな事を考えてみましたが、コレといってデメリット要素が思い当たりませんでした。

強いていえば、『商品自体の値段』なのかもしれませんね。
 
以上の事は、どうかご参考までに。

他にはどんな事が出来るの?

ここでは少し、『小技的』な事を紹介していこうかと思います。

まず1つ目『Siri』

iPhoneユーザーなら、既に馴染みがあるかと思います。

携帯に向かって、『Hey,Siri』と呼び掛ければ、ちゃんと答えてくれて、色々と教えてくれる便利なAIの事です。

このSiriはもちろんこのApple Watchにも標準装備されています。

時計に向けて、『Hey,Siri』なんて、少し近未来感ありませんか?

そして、基本的にはiPhoneと操作は同じですし、出来る事も同じだと考えてもらって大丈夫です。

より、Siri機能が身近に感じてもらえると思います。

そして2つ目『リモコンとして』

コレはどういう事かというと、既にiPhoneに入っている楽曲を自由に操作出来るという事。

音量調整はもちろん、巻き戻しやスキップなども自由自在!


例えば、自宅にいる時に好きな音楽を流しながら掃除をしていたとしましょうか。

そんな時って気分よく作業していきたいですよね?

ならば、自分が好きな曲を流しながら掃除した方が捗っていくと思います。

そんな時に好きな曲が流れてきたら、ちょっとヴォリュームを上げたり、次の曲が好きなのに〜… って思っている時に、すぐ手元で調整も出来ちゃいます。

同じように、運動中もそうです。

ランニングやトレーニングをしている最中でも、気軽に操作する事が出来ます。

次に3つ目『iPhoneを探す』

コレについては、私はしょっちゅう携帯を見失ってしまいます。
 
あれ…携帯… どこに置いたかな…

こういったシチュエーションってあるあるだと思っています。

そんな時にも、Apple Watchが役立ちます!


ボタン1つ押しただけで、iPhones が音(通知音)で知らせてくれます。

そして、最近のアップグレートからは光でも知らせてくれます!

もし、夜、部屋の電気を消している状態でiPhoneを探す時に、凄く助かります。

次に4つ目『音声入力』

Apple Watch単体での文字入力って、画面も小さいし、何だかやり辛そうだな… って思われている方は多いかと思います。

そんな時に便利なのが、この音声入力です。

まず、送信したい事をApple Watchに向かって話しかける。

そうしたらApple Watcがそれを読み取って、文字化してくれます。

そしてそのまま送信!   

なんて楽なんだ!!

他にも、思わずApple Watchで電話を取ってしまった時に、本来の電話(iPhone側)に転送する事だって出来ます。

こんな感じに、小技も盛り沢山あるんですよ。

魅力の詰まった素晴らしい時計だという事です!

Apple Watchの今後未来への期待と可能性

音楽を聴く、日頃の健康・運動管理も出来る、本を読まなくても朗読してくれる(オーディオブック)、携帯(iPhone)を取り出さなくても、ある程度の事なら完結できる。

こういった事って数年前ならどう思っていましたか??

実際に、『あんな事いいな… 出来たらいいな…』 なんて、考えていませんでしたか?

それが今実際に出来るような世の中に変わりつつあります。

そして、その世界が『当たり前』になろうとしています。

皆さんなら、どうやって使っていこうかと思いますか?

さらに、もっとこうしたら便利になるんだろうな…なんて思いもあるかと思います。


実際にここでは紹介しきれない程の便利機能も既に実用化されています。

あとは、実物をお店で手に取ってみてそれぞれで確かめてみて下さい!

Apple Watchは既に『オシャレ小物アイテム』

時計といえば、皆さんどこのブランドを想像するでしょうか??
『ロレックス』『オメガ』『タブホイヤー』『セイコー』『カシオ』…

数多く存在している時計メーカーさん。 個人的には肩を並べていると思っています。

どういう事かというと、今日の服装にはこのバンドの時計!って何となくイメージできませんか?

仕事中はスーツ姿なので、皮製の時計を選んだり、シルバー系のバンド、時計の顔をスウォッチタイプは選ばず、針タイプを選ぶかと思います。

その逆もしかり、今日は休みなので少し遊び心の感じれる時計を選んで着けても楽しいですよね??

そんなワガママを1度で全て叶えてくれるのが、Apple Watchなんです!

一言で表すと、『最高に贅沢な着せ替え時計』なんですよ。

顔(画面)もデジタル調からキャラクターもの、もちろん針時計にだって瞬時に切り替える事が出来るんです!

あと、気分や顔に合わせてバンドも変える事が出来ます!

スポーティーなシリコン製、少し落ち着いた雰囲気のある皮ベルト、チタン製のベルトまで、今では数多く存在しています。

しかも、自分が撮ったお気に入りの写真ですら、時計の画面に表記させる事だって出来るんです!


もう、カスタムの可能性は無限大なんです。

是非とも、世界に1本の、自分だけの時計に仕上げちゃって下さい!

Apple Watch3の存在はこれからの生活にはなくてはならない!?

正直、これに関しては各々でいいと思います。

けど、あるに越した事はないと思いますし、あればかなり便利に生活出来ると思います。

実際ここ3年程使ってみて、やっぱりいらなかったな… なんて思った事は1度もなかったし、むしろ買って正解だったな! って思っています。

むしろ新たな生活面での可能性すら感じています。

多分、もっとこうなっていくのかな?なんて考えているぐらいです。

ファッション性からみても、やっぱり同じ物(Apple Watch)を持っている方は多いと思いますが、実際に全て被ってしまってる!!?? って事はありません。

何かしら、『自分色』が出ていて楽しいと思っています。

やっぱり世界に1本の、アナタなりの時計なんです!

もし、これから購入される方がいらっしゃったら、一体どんな時計に仕上がっていくんでしょうね?

それはそれで楽しみです。


使い方は無限大、もっと気軽にApple Watchの存在を楽しんでいきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です