悪天候での立ち回り方とは?? 持っていれば便利な防水系ガジェットのアイテムたちって?? 〜ウバ活男子の実体験! 京都編 Vol、03〜

5 min 18 views

Uber eatsの配達員として働くって事は、『冬の寒い日』の他にも、『雨が降っている日』も含まれています。

『今日は、生憎の天気だわ…   こんな日は、家でのんびりとネットサーフィンでもして、楽しく過ごそうか~。』

それが出来ればいいんでしょうけど、実際は働かれる方の方が多いのでは無いでしょうか??  しかも、梅雨シーズンなら、まだ我慢できるんでしょうけど、これからの冬シーズンの雨って、本当に最悪の一言だと思いますし、私自身も、結構悩んでいます…。

寒いし、風邪引きそうだし、辛いし…

そんな弱音ばかり吐いていられないので頑張っているんですが、実際はどうやって立ち回っているんでしょうか??

そこで今回は、私自身の雨の日(悪天候の日)の立ち回り方を紹介していこうと思っています!

1  逆に雨に日の方が儲かる!?

そうなんです、実際は『雨の日の方が依頼件数が増えて、稼ぎやすい!』んですよ。  まずは単純に、他の配達員の数が少ないんですよね??  恐らく皆さん、濡れたくないんでしょうね??

仕事が終わって、家に帰ってからの後処理も大変ですしね。

では単純に、配達員が少ないから依頼件数が多いから稼げるの?? て話ですよね。  実は、雨の日はまた別に『件数に応じた報酬』があるんですよ。 要は、『雨の日の特別クエスト』って事です。

件数は、1回・5回・6回の、全12回達成すればちょっとした報酬が発生します。  この報酬金額は、実際そこまで高くは無いんですけど、雨の日は、前出させましたが、配達員が少ないんで、依頼がくるスピードが全然違います。  イメージとしては、ず~っと携帯が鳴っている感じですね。

って事は、数時間(2~3時間)配達をこなせば、結構な額が稼げるんですよ。  私事の話ですが、最高額が…『2時間とちょっとだけ配達しただけで、1万5千オーバー』ですね。 時給換算8千円ぐらいだったと思います。

けど、これは少し前の話なんで、今はこの数字をメイクしていくのは難しくなってはいますが、それでも時給換算 ¥1,500~はいくと思います。

なので、逆に雨の日って狙い目なんです!  ただ、これからの時期は寒いですけどね…。

では、そんな雨の日ってどんな物を持っていた方がいいんでしょうか??

2 オススメ防水アイテム!

さて、雨の日は雨の日で、稼げる事が分かってもらいたかと思います。  後は『折れない心』と『万全な雨対策』だけですね。

折れない心は、報酬っというモチベーションでなんとかなると思います! 笑

①  雨対策 レインコート 

レインコートに関しては、色んな商品が出ているので、なかなかオススメ! って商品は難しいんですけど、今自分が使っているのは、近所のホームセンターで¥4,000程で売っていたコートです。

既に2年程使っているので、雨の染み込み具合がヤバいです!  私もそろそろ買い替えのタイミングでしょうね。

あと、注意点なんですけど、今私が使っているのレインコートには、ポケットが付いていないんです。  コレはあった方がいいですね! 皆さんも購入前に確認してみて下さいね。

② 雨対策 レインシューズ

靴に関しては、ちょっと難しいですね。  いざ長靴を履いたら良いんでしょうけど、自転車が漕ぎにくいし、なかなか完全雨の日用の、完全防水の靴って探しても見つけ難い…。。。

けど、しかし!!  良い靴を発見しました!

どうでしょうか??  デザイン的にも可愛いし、底の部分のグリップも効いていそうで、滑りにくそうですね。

こういった商品って、最近話題の『ワークマン』から販売されています。  他にも多数ありますねで、皆さんチェックしてみて下さい!

https://workman.jp/shop/default.aspx

③  携帯ケース

ここは死活問題でしょう。  携帯がなかったら仕事にならないので、しっかりと守っていかなくてはいけません。 多少は、携帯自体が放水機能があるとは言ったものの、やっぱり心配ですしね??

こういった『首から下げるタイプ』を結構前に使っていたんですけど、正直携帯自体が使いにくいです。   あと、自転車を漕いでいる時に、携帯ケース自体が揺れて、体に当たるので、正直言って邪魔でした。

次に、こう言った『身につけるタイプ』。 これに関しても使ってみた事があるんですけど、携帯の充電がし難いです。  どうしても、携帯を使っての仕事ってことは、それなりに全部(オーダーを受ける・地図検索・配達完了)を同時に行っていく必要があります。  って事は、色んな動きに対応できる程の『ライトニング・ケーブル』が必要になってきます。

そしてその結果、ケーブル自体が邪魔! って思ってしまったので、こういったタイプの携帯ケースは使わなっくなってしまいました。

次に、『単体で保護してくれているタイプ』。 このタイプが一番使いやすいですね。

色んなシーンに対応できるし、なんだかんだやっぱり使いやすいです!

一つデメリットとしては、ケースが濡れてしまうと、やっぱり滑りやすいって事ですね。  携帯の落下要注意です!

④ カバンについて。

Uberで使っているあのリュック自体は、かなりの防水機能があります。 結構な大雨でも中に浸水してくる事はありませんでした。  ただ、ケアとして防水スプレーを吹きかける事をオススメします!  あと、少し余分にタオルなんかを持ち運んでいると、助かる事が多いですね。

防水に付いては、コレぐらいの準備があれば大丈夫でしょう。  実際に私もこんな感じですし、後はやっぱり『雨の日でも折れないメンタル面』が大事です!

しっかりと準備して、ガッツリと稼いでいきましょう!

3  雨の日『あるある』

さて、ここでは実際の『体験談』に特化して書いてみようかと思います。

① やっぱりマンホールや鉄板関係は滑りやすい。

コレはUber関係なく、やっぱり滑りやすいです。 ちょっとした曲がり角なんか、変な場所に滑りやすいマンホールがあったりする事って多いんですね。  十分に気をつけましょう!

②  対向車の、車のヘッドライトが…

コレは、雨が降っていると、やっぱり前が見難いですね。 そんな中、右側の歩道を自転車で走っていると、どうしても対向車のヘッドライトをマトモにみてしまう事になります。 

問題はソコなんですよ!

雨が降っているので、ヘッドライトの光が色々と屈折して、普段より余計に眩しく感じます。

ですので、雨の日はいくら歩道っといっても逆走せずに、ちゃんと左側走行する事をオススメします!

③  キャップって意外と使える!

そんな『光』にも苦しめられる雨の日ですが、実は『つば付き帽子』が役立ちます!  つまりはキャップです。

雨も防げるし、ちょっとした光も、ある程度ではありますが防ぐ事だってできます。

もし普段使っていないキャップがあるならば、雨の日用帽子として使う事をオススメしたいです!  昼間の日差し避けにもなりますからね!  夏場は熱中症対策にもなりますし。

まとめ

晴れてる日もあれば、勿論雨の日もあります。  どんな環境に置かれたって、『仕事』はしていかなくてはなりませんからね??

なら、どうせやるならば、『万全の準備』はしておかなくてはいけません!

こういった事を、少しでも参考にしていただければ嬉しいですし、皆さんも独自の対策をしてみて下さい!

そして『安全第一』と『怪我・事故』だけには十分に気をつけて、充実したウバ活生活を送っていきましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です