【Amazon】お宅のテレビ活(生)きてますか? FireTV Stickのススメ【レビュー】

3 min 55 views

あなたはテレビ、みてますか?

私は朝起きてから家を出るまでテレビはつけっぱなし、家に帰ってもすぐにテレビをつけて寝る直前まで深夜番組、というテレビ漬け生活が当たり前でした。

でも、ここ10年は全くテレビを見ていません。

テレビというより地上波ですね。

結局、テレビよりネットのほうが面白いんですよね。

平日の朝から芸能情報やらタピオカ情報とか必要いらないでしょ、一つの番組を薄~く引き延ばして2時間も3時間も放送するので付き合いきれません。

ニュースなのかバラエティなのかよく分からない番組が早朝5時から途切れる事なく夕方までず~っと放送されていて、見ているとあまりの内容の無さとCMの数で疲れてくるんですよね。

「いろんな」理由でテレビを見なくなった人って多いと思いますよ。

見たいものはテレビの中にはありません、全てネットの中にあります

テレビを見なくなった私はPrimeVideoで無料の映画や海外ドラマばかり見ています。

月額500円のAmazonPrime会員なら、PrimeVideoという動画サイトが特典で使えます(他にもPrimeMusic、PrimeReadingなど特典いっぱいです)

もしあなたがスマホでPrimeVideoやNetflixをたくさんご覧になっているなら、Amazon FireTVを導入してみませんか?

Amazon FireTVはテレビにHDMI端子があれば簡単に導入できます。

使っていないテレビが大画面の動画再生マシンとして生まれ変わります。

Amazon FireTVとは

FireTVはPrimeVideoをはじめNetfrix、Fulu、Youtube、abema、TVerなど、挙げればまだまだありますが、動画アプリをインストールすることで動画を再生できるようになります。

インストールはホーム画面に「アプリ」という項目がありますので、そこから簡単にできます。

最近見た動画の一覧やオススメ映画、最近追加された番組などもホーム画面に表示されますので専用のリモコンで見たいものを選択してください、すぐに再生できますよ。

FireTVは全ての機能を専用のリモコンから操作することができます。

見たいコンテンツを検索する際も、リモコンのマイクボタンを押しながら喋りかける事で、音声入力をすることができます。

ソフトウェアキーボードで一文字づつ入力する事もできますが、音声入力の精度が非常に高いのでお勧めです。

また、リモコンの電源ボタンを押すとテレビの電源をオンオフすることができますので、FireTVだけ使用する場合はテレビのリモコンはもう不要です。

FireTVの種類

FireTVは廉価版のFireTV Stik、高画質版のFireTV Stik 4K、複合型のFireTV Cube の3機種があります。

高画質版は名前にもある通り4K対応動画に対応していますが、テレビ側が4Kに対応していないと意味がありません。

ただし、廉価版より処理性能が高いため起動する速さや動画の読み込み速度に差があるようです。

私は廉価版を使っていますが時々カクつく事があります。

余裕のある方は高画質版のFireTV Stik 4Kを検討してみて下さい。

もうひとつFireTV Cubeがありますが、機能としてはFireTV Stik 4KにAmzonのスマートスピーカー「Echo」の機能が追加されているもので、手元にリモコンがなくてもテレビに向かって声で操作することができます。

私は廉価版でも困ることは特にないので、初めて買う方には廉価版をおすすめしています。

FireTV Stik は通常価格4,980円ですが、年に何回かセールの対象になる事があり「2,980円」で売られる事がありますので、買うタイミングには注意しましょう。

おすすめの動画アプリ

FireTVは動画アプリを入れれば入れただけ色々な動画を再生できますが、おすすめはデフォルトでインストールされている「PrimeVideo」と「NETFLIX」です。

PrimeVideoは無料で大半の動画を再生できますが、「あっ、これ見たいな」と思っても別途有料で購入しないと見れないものが体感で2割ほどあります。

シリーズ物でも、1シーズン目は無料でも最新シーズンは有料だったりします。

NETFLIXは(ベーシック800円、スタンダード1,200円、プレミアム1,800円と少々高めですが)表示されるもの全てを自由に見ることができ、最新の映画やNETFLIXだけでしか見ることのできない話題作など多数あります。

私の勝手なイメージですが、レンタルビデオ屋に例えると、PrimeVideoは「旧作が見放題」、NETFLIXは月額が必要ですが「旧作と準新作が見放題」といった感じです。

動画を見ること以外に出来ること

FireTVは動画を見る以外にもゲームを楽しむことができます。

おすすめはリモコンでもプレイできるテトリスで、1ステージだけでしたら無料でプレイすることができます。

私は有料のテトリスを廉価版FireTVにインストールし、XboxのコントローラーをBluetooth接続してプレイしています。

他にもFINAL FANTASY4・5・6などの比較的容量の軽いゲームや、 FINAL FANTASY13などのPS3のゲームもプレイできます。

FINAL FANTASY13は容量・処理ともに重いゲームなのですが、クラウドゲームになっており処理のほとんどをサーバ側で行い、FireTVは画面表示のみを担当しますので軽快に操作できます。

ゲームをする方は一番性能の良いFireTV Cubeが良いでしょう。

他にもAir Receiverというアプリをインストールすると、スマホの画面をミラーリングして表示することができますので、手元のスマホ画面を一時的に大きく表示してみんなで見る時に重宝します。

Prime Musicで音楽の再生やAmazonCloudに保存した写真の表示、ブラウザ検索(イマイチ)、アレクサで天気の確認など、動画を見る以外にもいろいろと出来ることがあります。

まとめ

「絶対買ったほうがいい」の一言です。

いままでスマホやタブレットでちまちま再生していたのが勿体ないと感じます。

やはり大画面で再生するのは臨場感も違いますが、なにより目が楽です。

ソファや椅子に腰かけて飲み物片手に映画を見るのも良いですし、Youtubeも大画面で見るとこんなに画質が良かったのかと驚きます。

PrimeVideoには映画の他にバラエティ番組もありますので、家族や友人とおしゃべりしながらテレビ感覚で見るのはいかがでしょうか。

廉価版で結構です、Amazonでセールになっていたら迷わず買ってください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です