Amazon読み放題『Kindle Unlimited』のメリットとデメリット、解約方法を解説!

2 min 69 views

あなたは本を読むとき何で読んでいますか?

書店に出向いたり、インターネットで「紙の本」を購入していますでしょうか。

最近ではスマホやタブレットを使ってインターネット上で本をダウンロードして読むことができます。

その中でもAmazonが提供している「 Kindle Unlimited」を利用すれば、無数の本を好きなだけ読むことができるんです!

本記事では、120万冊以上の本を読むことができるKindle Unlimitedのメリット・デメリットや解約方法を紹介します。

Amazon読み放題『Kindle Unlimited』のメリット

読書好きなら月額料金が格安

Kindle Unlimitedの月額料金は「980円」です。

一冊1000円以上の本はザラにある中、たった980円で120万冊以上の本が読めるなんて物凄いお得ですよね!

読月額料金さえ支払えば、いちいち本を購入することなく読むことができるので読書好きの方なら利用しない手はないですよね。

雑誌から専門書までバリエーションが豊富

Kindle Unlimitedで読める本の種類は以下の通りです。

  • 小説
  • ビジネス本
  • 実用書
  • コミック
  • 雑誌
  • 洋書

以上の6種類の本を読むことができます。

月額980円でこれだけのバリエーションがあるサービスはKindle Unlimited以外にはありません。

スマホやタブレットなど幅広い端末に対応している

Kindle端末のみ対応しているわけではありません。

  • Kindle端末
  • スマートフォン
  • タブレット
  • PC・Mac

上記4つの端末でKindle Unlimitedを利用することができます。

PCを使って自宅でゆっくり読むこともできますし、普段使っているスマートフォンで出先でも本がおめるので、時間を選ばず自分の生活に合わせて読書を取り入れることができます。

Amazon読み放題『Kindle Unlimited』のデメリット

新書はほとんどない

Kindle Unlimitedでは120万冊以上本を読むことができますが、読むことができるのは既存で登録されている本だけです。

追加される新書は月に1〜3冊程度となっているので、新しく出た話題の本や雑誌を読むことができません。

気になる作品はKindle内から購入・ダウンロードできるのでKindle Unlimitedと併用してみましょう。

10冊だけしか保存できない

Kindle Unlimitedを利用するにはブラウザで開くか、Kindle無料読書アプリのダウンロードが必要です。

そのアプリ内でダウンロードした本は「本棚」にストックすることができます。

しかし、本棚にストックできる本の量は10冊だけとなっているので、11冊目を読むためには本棚の本を一つ削除する必要があります。

連続して本を読みたい読書好きの方には少し面倒ですよね。

オススメの読み方としては、10冊一気にダウンロードして、読み終わった後、10冊一気に削除して新たにダンロードすれば効率よく読むことができます。

お気に入りの本がある日突然消えている

Kindle Unlimitedでは、12万冊以上の本が読める代わりに登録されている本が急に削除される可能性があります。

登録されている本が削除されるときに、お知らせ等は用意されていないので、

お気に入りの本がある場合は、先にダウンロードしておきましょう。

『Kindle Unlimited』の解約方法

Kindle Unlimitedはスマホ一つで簡単に解約することができます。

その方法は、Amazonアカウントから、アカウントサービスを選択した後、

Kindle Unlimitedのメンバーシップを解約すれば、アカウントサービスを解約することができます。

解約前にダウンロードしていた本に関しては、会員資格が終了次第全端末から削除されます。

まとめ

上記で説明した通り、Kindle Unlimitedは登録するととてもメリットである部分が多いです!

デメリットな部分もありますが、豊富なサービスが完全にカバーしています。

利用の際は月額980円かかりますが、1ヶ月12万冊以上の作品を読み放題で利用できるところを考えると、図書館と同じくらいコスパがいいですよね!

今まであまり本に触れたことがない方でも、どこでも簡単に読めるKindle Unlimitedで、

読書を初めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です