グラボGTX980TIを今購入してはいけない理由5つ

3 min 53 views

 2020年6月23日現在旧世代のグラフィックボードGTX980TIの中古商品が低価格で販売されているのをよく見かけるようになりました。

 ですが、絶対に購入してはいけません。

 その理由を今からなるべく専門用語なしで説明しようと思います。

 この記事を読めばなぜGTX980TIをなぜ購入してはいけないか分かってくると思います。

購入してはいけない理由

 理由①消費電力が多いです

 このGTX980TIを購入して使っていくうちに最初に困るのが、消費電力です。

 もともとハイエンドモデルだったGTX980TIの消費電力は当時ではそこまで消費電力が大きいわけではなかったのですがそれでも現在発売されているハイエンドモデルのRTX2080よりも消費電力が大きいです。

 ですがGTX980TIはRTX2080の約半分ほどの性能しかありません。

 性能面でも大きく負けているGTX980TIを購入するメリットはないと思います。

 ゲームをよくプレイし、グラフィックボードを長く使う人は消費電力を気にしないといけないと思いますので、このグラフィックボードはお勧めできません。

理由②コスパ最悪です

 2020年6月23日現在、GTX980TIは中古で安く購入できますが、性能が低く、コスパは悪いと思います。現世代グラフィックボードはGTX980TIに比べると値段は少し高いですが、性能がGTX980TIよりも大幅に高くコスパで見るととても優れていると思います。

 ですので、現時点で安くGTX980TIを購入するより、もう少しお金をためて、コスパに優れている現世代のグラフィックボードを購入することをお勧めします。

理由③今現在の4K ゲームをプレイするにはパワー不足です

 日々PCゲームは重くなっていっています。

 もともとこのGTX980TIは4Kゲームを快適にプレイするために開発されたグラフィックボードですが、現在の4Kゲームは快適にプレイできません。

 私はこのGTX980TIの後に発売されたグラフィックボードのハイエンドモデルであるGTX1080で、最新の4Kゲームであるモンスターハンターワールドをプレイしましたが、とても重く、カクカクしていて、ゲームを快適にできませんでした。

 GTX1080でも無理だった4Kゲームを前世代のGTX980TIが快適にプレイできるとは思えません。

 ですので快適に現在の4Kゲームをプレイしたい方はお勧めできません。

理由④ レイトレーシングに対応していません

 レイトレーシングとは、簡単に言うとゲーム内の光の反射を計算して光をリアルに表現する最新技術のことです。

 これにより鏡などの光を反射する物体の表現が格段にリアルになります。

 このレイトレーシングに対応しているグラフィックボードはGeForce RTXシリーズと、GeForce RTXシリーズの前のシリーズである「GeForce GTX 1060 6GB」以上のGeForce GTX 10シリーズとGeForce GTX 16シリーズ(Turing GTX)とTITAN XおよびTITAN Vシリーズです。

 ちょうどこのGTX980TIが非対応になってしまっています。

 レイトレーシングを体験してみたい方はこのグラフィックボードはレイトレーシングに対応していないので注意が必要です。

 あともう少し値段を出せばレイトレーシング対応グラフィックボードを購入できますので、このグラフィックボードを買うよりも、もう少しお金をためてレイトレーシング対応グラフィックボードを購入したほうがよいと思います。

理由⑤最新VRゲームを快適にプレイできません

 このグラフィックボードでVRをプレイすることは可能ですが、快適にVRをプレイするためにはスペックが足りません。

 最新のVRゲームのプレイ推奨環境を見てみると、GTX980TIの性能では最低環境すら満たしていません。

 最新の有名VRゲームで、GTX980TIが最低環境を満たしていないゲームタイトルは、DOOM VFR(最低環境GTX1070)Fallout 4 VR(最低環境GTX1070)の2タイトルです。

 逆にGTX980TIが最低条件を満たしているタイトルは

 The Elder Scrolls V: Skyrim VR(最低環境GTX 970)の1タイトルです。

 ですがSkyrim VRでも性能に余裕があるとは言えませんので、最新のVRゲームをやりたい方はこのグラフィックボードではなく、性能に余裕を持った、RTXシリーズのグラフィックボードをお勧めします。

まとめ

GTX980TIを購入するのをお勧めできない方は、

  • ゲームをたくさんやろうと考えている方。
  • コストパフォーマンスの良い機種を探している方。
  • 最新の4K ゲームをプレイしたいという方。
  • レイトレーシングを体験してみたいと思っている方。
  • 最新のVRゲームを快適にプレイしたいという方。

です。皆さんの購入の参考になれば幸いです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です