今話題の iPad OS 14 の魅力を徹底解剖!

7 min 93 views

今年の6月に開催されたWWDCで発表された『iPad OS 14』と『iOS 14』。  いやぁ~楽しみですね! 次はどんな『衝撃』を与えてくれるのか??

そのリリースは今年の秋に公開予定となっています。  今からが待ち遠しいですね??

私はパソコンでする作業を、iPad で普段はこなしています。 もう iPad なしの生活は考えられない!! って感じです。

そんな個人的な感情は置いといて。。。

最近一足先に、開発者さん向けに『β(ベータ)版 iPad OS』がリリースされました。 そして、一般ユーザーさん向けの『パブリックβ(ベータ)版』もリリースされました。

あくまでもβ版なので、お試し感覚なんですが、その中でも見えてきた新しい『iPad OS 14』の使い心地とは一体どんな感じなんでしょうか??

使ってみた方々の感想や、色んな意見をまとめていこうと思います。

それではいってみましょう!

1 大まかな概要。

① 対象機種は??

まずは、対応機種についてです。  今現在のiPad OS 13が入っている機種なら問題なく使えます。

細かくは…

iPad Proシリーズ、無印iPad(第5,6,7世代)、iPad Air(第3世代とシリーズ2)、iPad mini(第4,5世代)が対象です。

②  どんなトコロが出来る様になったの??

大きな変更点といえば、『ウィジェット画面』『スクリブル機能』『メモ機能』の3点でしょう。 細かな箇所でいえば他にもありますが、多くのiPad愛用者からすれば、この3点だけでもかなりの大幅なアップデートだと思います。

それでは、細かく見ていきましょう。

2 アップデートの概要。

① ウィジェット画面

もう既にiPad OSを使われている方なら、馴染みがあるかと思われますが、初めて見聞きされた方なら、いまいちピンとこないと思います。 iPad OS 13からiPadにこういう表記画面が出るんです。

基本的なホーム画面上で、自分がよく使っているアプリやファイル管理、バッテリー残量などの細かな情報が表示されている『サブウィンド』みたいな感じです。

ここでの画面(表示させたい項目)はカスタマイズ可能で、使っている方のお好みで自由にアレンジする事ができます。

画像は私の仕様なのですが、特にイジっていませんね?? 笑

メインはこういった記事を書いたり、ブログを書いたりと、物書きでこのiPadをメイン として使っているので、コレぐらいで十分なんですね。 あと、ペアリングさせているガジェット系( Apple Penや Apple Watch)も繋がっていればちゃんと、上のバッテリー画面に表示されます。

コチラの画像はiPad OS 13なんですが、コレをアップグレードしたら…

https://twitter.com/touru10286_iris/status/1276118314343731201?s=21

コチラのTwitter主の方の画像を参考にしてみて下さい。

ウィジェット画面はスッキリと洗礼された印象ですね??  確かにまだβ版なので、サンプル程度と思えば、まだまだ改良の余地はあるのかも??

その証拠にこういった方もいられました。

実際には賛否両論あるみたいですね。

コレはウィジェット画面のデザインだけの話なので、全く気にならない方なら、特に意識しなくても大丈夫そうです。

私はこのウィジェット機能を割と重要視しています。 なぜなら、このホーム画面から必要なアプリまで、たったワンタップで接続されるからです。

今から話すのは、デザインの話ではなく、機能の話です。  簡単に説明しますので、どうかお付き合いを! 笑

コレが今の私の仕様ホーム画面です。  上記でも画像を上げていますので、コレが2枚目です。

下に置かれているアプリ、あるますよね??  コレはご存知のとおりにDockです。 ここに置けるアプリの数は決まっています。 ですので、『もっとここに置けたらいいのに!!』 って思っている方って結構いらっしゃるのではありませんか??

そのワガママを叶えてくれるのが、このウィジェット機能だと思っています。 ちゃんと可視化できるし、画面の邪魔にもならず、さり気なく左に置かれているだけなので、正に『痒いトコロに手が届いてしまう感じ』の機能です!

ウィジェット機能の説明はコレぐらいにしまして。。。   iPad OS が上がって、デザインがより洗礼される事により、iPad上での作業効率が上がってしまうかも!!??   やっぱり使っている物ってオシャレな方がテンション上がりますよね??  そういった部分でも期待大ですね!

  ② スクリブル機能

iPadを購入したならば、まず真っ先に手に入れたいガジェットが『Apple Pen』ではないでしょうか??  使い心地(書き心地)で言ったら、本当に紙にペンで書いている感じです。

特にストレスを感じる事はなく、サクサク書いていけます!  それはもちろん『字』であったり、『絵』でも同じです。

メモアプリに思い付いたアイデアを、そのまま走り書きで残せるし、真っ白な紙に思いのままデザインも絵も、そのタイミングで書く事が出来ます。

それぐらいiPadとApple Penとの相性は良いんです!

それが、今回のiPad OS 14のアップデートからさらにパワーアップします! それが『スクリブル機能』です。

では、どういったトコロが改善されるのでしょうか??

皆さん、検索タブって活用されているでしょうか??

こういった枠の事ですね。 では、検索する時に何をしますか??  勿論、キーボードで文字を打ちますね。 コレは当たり前の一連の流れです。

もし、ココに直接文字を書いて、そのまま検索する事が出来たらどうでしょうか??

Penを持っていたら、一回置いて改めて打ち直さないといけなくなる『二度手間感』を感じてしまうでしょう。  けど、その二度手間をなくしてくれる機能が『スクリブル機能』なんです!

どういう事かというと、この検索タブに直接Apple Penで書きこむ事が出来ます。

分かりにくいですかね…???  Yahoo! の検索タブから Googleに飛ぼうとしています。

一例で考えて下さいね??

けど、こういう事なんです! キーボードでタイピングせずとも、Panを持ってそのまま書居ちゃえば良いんです!

この機能は便利ですね! こういった一手間で、iPad上での作業効率が格段と上がると思います。

では、実際に使ってみた他のユーザーさんはどう感じたのでしょうか??

この機能に歓喜されている方が多いみたいですね?? 普段からこういった一手間にストレスを感じていた方がいたみたいで、このアップデートは私も嬉しい限りです。

もしかしたら、イラストレーターさんとか、ブロガーさん、ライターさんに多いのかも知れませんね??

た・だ・し!!??

デメリット部分もあります。

今現在、この『スクリブル機能』に対応している言語が英語と中国語のみになっています。 日本語には今のところは対応されていません…。

こういった意見も見られます。 けど、確かに日本語って難しいですよね… 平仮名やカタカナ・漢字にローマ字英語、和製英語まで…  コレについてはなかなか難しいのかもしれません、残念ながら…。

気を取り直して、他の機能を見ていきましょう!

この『スクリブル機能』って、ある意味『予測変換的』にも使えます。

メモアプリに走り書きをしたら、正しくテキストに自動変換されます! ちょっとした調べ事等の時には活躍しそうですね?? 

ある程度の走り書きにも対応されているし、ちゃんと枠内に納めないといけない感じでもないみたいです。

けど、ココでも当たり前(!?)ですが、英語と中国語のみの対応みたいです。

コレらの機能を駆使する事ができれば、お持ちのApple PenとiPadとの相互性・作業効率が今まで以上の価値を持ちます。 例え英語と中国語しか使えなくても更なる可能性を感じる機能だと考えています!

③  メモ機能

純正装備の『メモアプリ』は皆さん使っていますか??  私は割と使っています。 何なら愛用しています! iPad OS 14へのアップグレードに伴い、このアプリも格段と使い勝手が上がります!  では、どういった部分が上がるのでしょうか??

まずは、Penで書いた図形(三角形や四角形など)を、綺麗にテキスト化してくれます。 コレは学校で授業を受けている時、自分のノートに走り書きをしている時に、同時に綺麗に清書してくれるイメージだと思います。 後からより見やすく、分かりやすくなるように、自動テキスト化してくれます!

他にも、メモアプリ内で、もし字を間違えて書いてしまった場合も、ワンジェスチャーで消去することが出来ます。 書かれた文字の上を軽く擦るだけ(訂正)で、その書かれた文字を消すことが出来ます。

そして、手書きで書いた文字や文章をコピペまで出来ちゃいます! コレに関しても、ワンジャスチャーで完結させる事が出来ます!

感覚的には前出で紹介した『スクリブル機能』と近い感覚なのかもしれませんね? より直感的に、よりスマートに動作してくれます。

新たな可能性を感じる『メモアプリ』の進化。 より自由な発想を書き残していきましょう!

④ その他

ここからは少しマイナーな感じの部分を紹介していきます。 あくまでも個人的な感想なので、悪しからず。 ご参考までに!

・ Siriのパワーアップ

Siri誕生からみれば、20倍頭が良くなったみたいです。 そして、デザインが変わります。

・ Map

マップ上で自転車対応になります

・ 拡張現実

・ ミー文字

・ プライバシー

などなど。

大きな改革!! みたいな事ではないんですけど、マイナーチェンジ的な事が以上の項目です。

もしかしたら、まだあるのかもしれませんが、今分かっている事はこれぐらいだと思います。

何か気になる項目はありますか??  個人的には、この中で選ぶなら『Siri』でしょうかね??

どれぐらい頭が良くなったのかが、少し気になります。 今はまだベータ版なので、今から一般公開される秋が非常に楽しみですね!

3 使ってみた感想

世にいる多くのiPadユーザーさん、いち早くこのiPad OS 14を誰よりも早く使ってみたい願望に駆られているのでは!? 皆さん、やっぱり興味深々でございます。

やっぱりベータ版とはいえ、試してみたいですよね?? そんな実際の声や意見・感想を集めてみました。 その中で、見えてきたメリットやデメリットを紹介していこうと思います。

メリット① やっぱりスクリプト機能。

この機能はやっぱり人気みたいですね? 勿論私も非常に楽しみです!

他にもちらほと散見出来ますね。 やっぱり使い心地はいいみたいです!

メリット② 使い方次第では…

コチラはもしかしたら仕事としてこのiPadを使うとしたら便利と感じるのかもしれませんね??

より快適に、より作業環境に適されたタブレット機器になったのでしょう。 イメージとしてはPCに近づいた感じなんですかね??

では、デメリットな部分ってどんなのがあるのでしょうか??

デメリット① iPad OS 14って重い??

まだベータ版だからでしょうか?? 上手く動作されない方もいらっしゃいました。

何かしらのアプリとの相性ってあるんでしょうかね?? コチラの方はTwitterが不具合を起こしているみたいです。

他にも…

この辺は実際に使いこなしてみないと何とも言えないですかね??  けど、ご参考までに。

デメリット② 起動に時間がかかる??

コチラもやっぱり重いからでしょうかね??

https://twitter.com/tutti_creeper/status/1286819299240243202

デメリット③ バッテリーの減りが早い??

出来る事が増えれば、より電力を消費するのでしょう。 おそらくそうでしょう。

いかがでしょうか??  色んな見方がありますね。 後は実際にインストールしてみて使い倒してみたいですね!

4 期待と不安??

全く悪い意味ではないんですが、やはりデメリットと感じる部分があるのは、少なからずとも不安と思うでしょう。 けど、まだまだ今リリースされているのは『ベータ版』。

そう、まだ『お試し感覚』なんです。 そして正式リリースは今年の秋を予定されています。 なので、その頃には何かしらのマイナーチェンジがあるのかもしれませんね??

個人的には不安よりも期待の方が大きいです! MacbookよりiPadで仕事をする事が多いからです。 何なら、全てこのiPadで完結出来る様に意識しています。 むしろ、そうしています!

ですので、今回のアップデートは『神対応』と睨んでいます。 今から正式リリースが楽しみですね!

iPad OS 14のインストールはコチラから。

https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/

コチラ内にある『よくある質問』をよく読んでから実行してみて下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です