より良い写真を撮りたい方へ!  手軽に使える携帯用カメラレンズ『SELVIM スマートフォン用 カメラレンズ』の使用感などのレビュー大公開!

7 min 152 views

ここ数年での『スマートフォンのカメラ機能の向上』は目覚ましいものがありますね。  もう、ほとんどが一眼レフ並みやん!?  なんて思ってしまいます。  

各言う私も一眼レフを持ってはいます。  旅に出かけたり、ちょっとした外出~なんかには持ち出していたのですが、どうしてもかさばってしまいますし、重さも気になって、ここ最近では持たなくなってしまいました。  

そんな事が続いてくると、『もう写真を撮るのは携帯で良いんじゃね??』 なんて思うようになってくるんですよね。  実際にカメラ性能は良いですし、なんならこれで十分だと思っています。

写真の使用目的が『ブログ』と『個人的な楽しみ』なので、そこまで画質を求めなくなっていたんですよ。

なら、『もっと楽しい写真を!』 って考える様になり、今回の様なカメラレンズを探していました。

では、実際にどんな感じの使用感なのか?  どんな写真が撮れるのか?? 

少し使ってみて感じた感想や、実際に撮ってみた写真を織り交ぜながら徹底レビューを書いていこうと思いますので、最後まで宜しくお願いします!

1  商品の概要

まずは、箱の中身はこんな感じ。  これは嬉しいですね、元からこういうポーチに収まってくれているのは、持ち運びやすいですし、リュックとか旅用バックにも入れときやすいですね。 

カバンの中がゴチャゴチャする事もなさそうです。

これが専用ポーチの中身です。  これも最高!  収納上手です。  中身がバラける心配もなさそうですね。

①  付属品としては…

  1. … 取り扱い説明書
  2. … 22倍高品質望遠レンズ
  3. … 0.62倍広角レンズ
  4. … 235°魚眼レンズ
  5. … 25倍マイクロレンズ
  6. … アイキャップ
  7. … レンズ装着用クリップ
  8. … 三脚用携帯クリップ
  9. … ミニ三脚

必要最低限…  は、揃っている印象ですね。  いや、十分でしょうか!!??

あと、パッと見の印象なんですけど、想像以上に良いです!  これだけの装備品で、お値段は ¥4,000-を切る価格になっているので、正直言ってそこまで期待はしていなかったんですけど、三脚に関しても、レンズの本体部分も決して安っぽくもなく、しっかりとした作りになっています。

なんなら、ちょっと高級感もありますね!   嬉しい誤算でした。

②  装着方法

これは、至ってシンプルです。

まずは、⑦のクリップに、使いたい②~⑤のレンズと取り付けます。  取り付け方は、ネジ方式ですね。 レンズ側がネジ山になっています。  クルクル~っと回しつけて完成です。

そして、このクリップを携帯(スマホ)のレンズ部分に合わせて挟むだけです。 

 

しかし、ここで微調整が必要になってきます。  このレンズセットはiPhoneはもちろん、Android携帯にも対応しています。 携帯によっては、カメラの位置って微妙に違ってきていますよね?  そこをこのクリップ部分で微調整させていきます。

ココをスライドさせて、お使いの携帯のカメラ部分に上手く合わせて下さい。 そんなに難しくないですよ!

あと、触ってみた感じなんですけど、意外と簡単に調整できる割には、決して緩い訳ではありませんでした。  どういう事かと言うと、『実際レンズを付けて、いざ撮影! ってなったのに、レンズが動きすぎやん!?』って事はありませんでした。  付けやすいのに、レンズはブレにくい。  これは撮影が楽そうですね。

③  三脚の使用感。

こういうセット販売の『ミニ三脚ってどうなの??』  そんな声が聞こえてきそうです。

まぁ~私も気にはなっている部分なんですけど、この商品に関しては、どうなんでしょう??

まずはスマホにクリップを着けてみましょう。

この専用クリップ…  って言って良いんでしょうか??   これに挟みます。 

こちらの本体部分の、スマホの背面に当たる部分は、『スポンジ』で守られています。  そして、挟む側の、スマホの側面が当たる部分には、『ゴム?? 樹脂素材??』で守られています。 

要は、『しっかりと挟んでも、お持ちのスマホを傷から、しっかりと守ってくれる!』 って事です。  これは安心ですね!

スマホを挟んだら、ミニ三脚との取り付けです。

取り付け箇所は2つあります。

これは、スマホを縦にして写真を撮りたいか、横にして撮りたいかの違いですね??  お好みで使い分けてみて下さい。

そして、三脚を取り付けたらこんな感じになります。

割と安定してくれます。   脚の部分とスマホクリップ部分の間にネジが付いています。  このネジをしっかりと絞めていれば、しっかりと固定してくれますので、気軽に外での撮影が楽しめそうです!

そして、レンズを取り付けてみましょう。 

やっぱり、一番大きな『望遠レンズ』が良いでしょうね??   そんなレンズを取り付けた図がこちらです。

これだけのサイズのレンズを付けても、しっかりと安定してくれています!

家に計りが無いので、正直な重さが分からないのですが、この写真に写っている携帯は『iPhone  8』です。  そのiPhone 8より若干重い感じですね。  次に、この望遠レンズの大きさですよね??   それは。こちらをご覧下さい。

このiPhoneとほぼほぼ同じ長さなんですよ。  いかにこの望遠レンズが大きいか、分かってもらえたでしょうか??

ちなみに、ミニ三脚も並べて写してみました。  凄くコンパクトなサイズ感で、持ち運びにも便利なサイズですね。

そして、これだけの大きさのレンズを着けて三脚にセットしてみても、しっかりとしてあって、安定感も何の問題も無さそうですね。

あと、写真撮影以外にも、動画撮影で自撮りする時の『携帯の持ち手』としても使っていけそです。

そう思えるぐらいに軽いんですよ。  もし機会があったら、動画撮影用としても使ってみようかと思います!

2  写真撮影

ここからが本題かもしれませんね??  どういった写真が撮れるのか??   それぞれのレンズを使って、本当に撮りたい感じの写真が撮れるのか??

本当ならば、外でも撮影が一番良いのは分かっているんですけど、中々時間的に合いそうに無いので、室内撮影でイメージして頂けないでしょうか??

って事で、今回はこのモデル『ダンボーさん』を使って色々と撮影してみました。

では、各レンズを順番にみていきましょう!

① 22倍高品質望遠レンズ。

日常生活において、実際に22倍の望遠レンズって使うでしょうか??   多分でしょうけど、どこか旅行に行ったり、もしくはスポーツ観戦をしに行かない限りは、中々活躍の場ってのが無いのかもしれませんね??

けど、持っていれば、きっと活躍する時が来ると思います。

例えば、『お子さんの運動会や、発表会』など、遠くから撮影しないといけない場面って、年に一回かもしれませんが、持っていて損する事な無いでしょう!

まずは、上の写真。  このモデルの大きさが分かってもらえるでしょうか??  一緒に並べて写しているのが『iPhone 8』、それの半分ぐらいの大きさです。

さて、問題です。  モデルのダンボーはどこにいてるでしょうか??

正解は…

ここです!

勿論、全く同じ位置から、レンズを着けて撮影しました。   こういう使用感ですね。

しっかりと、撮影する事が出来ました!

ただ、やっぱり室内だと少し暗くなってしまうので、ちょっと綺麗に写らなかったですね…。  電球も、ちょっとオレンジ系を使っているので、余計に暗く感じるんでしょう。

これが外で、自然光だと、もっと明るく綺麗に写せると思います。  ただ、22倍の望遠感は伝わったっと思います。  これは期待していた以上の出来ですよ。

ちなみに、携帯側で、一番アップにしてみた写真がこちら。

こちらでも十分かもしれませんが、やっぱりさすが22倍望遠レンズって感じでしょうか??

②  0.62倍広角レンズ

この広角レンズに関しては、『痒い所に手が届く!』っといった感じでしょうか??    このレンズは、使い方によっては万能選手になり得るかもしれませんね??  なんて言ったって、使いやすいですし、本当は、こんな感じの写真を撮りたかったのかもしれませんね??

一番分かりやすいのって『集合写真』でしょうね。  では、またダンボーをモデルに撮ってみましょう!

ん~、これぐらいでは分かりにくいかも…。  では、もう少し集まってもらいますね。

勿論、見切れますよね。  さすがに全員写りませんでした。

ただ、レンズを広角レンズに変えるだけで…

ちゃんと全員写る事が出来ました!   ちょっと背景がボケ気味なんですけど、それぞれの顔は認識する事が出来ますね!   地味にカオナシもいたんですよ。。。

これなら、友達と旅行に行った時の集合写真も、誰しも見切れる事なく、ちゃんと写る事が出来そうですね!

③  235°魚眼レンズ

恐らく『トイカメラ感覚』で使えるのかもしれません。  良くあるのが、『犬や猫とかの動物を近距離で撮影する』といったイメージでは無いでしょうか??

もしくは、上からのアングルで自撮り~って感じでも、楽しそうな写真が撮れそうですね??

では、ダンボーではどう写るんでしょうか??

何か面白い写真が撮れそうですね!?  何なら、こうやって試し撮りしていくと、ちょっと楽しくなってきました!

④  25倍マイクロレンズ

個人的には、一番期待していたレンズがコレです!  ブログでもよく写真を撮っては載せているんですけど、こういった超近距離撮影をよくしているので、携帯での限界をつくづく感じていたところなんです。

ちゃんと『一眼レフ』を使って撮影すれば良いんでしょうけど、どうしても大荷物になってしまうので、こういったコンパクトなレンズを使って、思い通りな写真が撮れるのって、嬉しいんですね。

それでは、モデルは勿論、ダンボーです。

これは、レンズは何も着けずに、普通に撮ってみました。  こちらの大きさは上の写真でも分かるかと思うんですけど、3cmあるかないか?? ぐらいの大きさです。

まずは、スマホ側の最大ズームで撮影すると…

まぁ~、それなりには撮れてるんだと思いますけど、やっぱり想像通りですね。

では、マイクロレンズで撮影してみると…

最後の、3枚目の写真はマイクロレンズを着けて、さらにスマホ側でも少しズームにしてみました。   

全然余裕で撮れましたね!  なんなら、まだまだ余裕です!   もっともっとズームしていけます。  ただ、逆にモデル側のミスですね…   これ以上ズームにしてしまうと、ピントが合わずで、ボケた写真になってしまいました。

もっと細かな被写体とかなら、存分にその機能を使いこなせそうです!

ただ思う事…   ウチのダンボー、意外と汚れていますね 笑

これも、このマイクロレンズを使っての撮影をしたからこそ分かった事。  やっぱり期待通りにガンガン使っていけそうです!

3  結果…  コスパ最強!

各社の携帯のカメラレンズの性能(画素数)は、格段と良いです!  そこに付随するかの様に、やっぱり面白い写真が撮れる事はいい事ですね、カメラ好きには嬉しい事でしょう。

確かに『一眼レフ』には、どうしても勝てない箇所はあります。  

デメリット…     何でしょうね??   特に感じなかったかな??

欲を言えば、『もっと色んなレンズを、バラ売りして欲しい!』 って事かもしれません。

あ、ちょっとミニ三脚が心配かもですね??  少し足の繋ぎ目が弱いかもしれません。 

ですので、気になる方がいらっしゃれば、個別で買い直しした方がいいかもしれません。  私はもう暫くの間、使ってみようかと思います。  検討はそこからですかね??

一眼は高くて、中々手が出しづらい…   けど、良い写真は撮りたい!  せっかくスマホのレンズ性能も上がってるんだし!

そんな方にオススメだと思います!  初心者向け一眼レフ感覚ってイメージでしょう。

まずはお試しに使ってみて、使用感を試してみて下さい!   一眼レフの購入はそこからでも十分だと思います。  そんな気持ちにさせてくれた今回の『Selvim』のレンズキット、ただただ最高でした!

私みたいにブログを書いている方や、写真を頻繁に撮られる方なんかには良い商品だと思います!

* Amazon

* 楽天市場

https://item.rakuten.co.jp/laikapets/lik-a-002/

* Yahoo! ショッピング

https://store.shopping.yahoo.co.jp/hazime-buppan/20200415060729-00821.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img&ea=13

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です