PS5・Switchでも使える!超便利なゲーミングワイヤレスキーボード! Logicool G613を徹底レビュー!

6 min 91 views

 突然ですが、皆さんは、PCが複数、もしくはPC・タブレット・スマホがあり、それぞれでキーボードを使いたい時、どうしていますか?

 一つのキーボードを接続・接続解除をして、使いまわしていますか?

 それともキーボードを複数使用しているでしょうか。

 実は、この問題をLogicool G613というワイヤレスキーボードはスマートに解決できます。

 G613は、「ボタンを押すだけで、接続している複数の端末の切り替えが可能」です。

 凄く便利ですよね。

 また、G613は人気ゲーム機、PS5やSwitchにも対応しています!(USBレシーバーを差し込み、無線接続した場合。)

 今回は、そんな便利なLogicool G613を徹底レビューします。

 この記事を読めば、G613とはどういった商品か、良い点・悪い点すべてわかっていただけると思います。

どんな商品なの?

 まず、G613とはどういった商品か解説します。

 G613は、ロジクール製のワイヤレスゲーミングキーボードです。

 前回、コスパ最強の無線キーボードを紹介しましたが(前回の記事はこちら)、このG613は、「お金をある程度出してよいから、とても良い便利な無線キーボードが欲しい」といった方向けのキーボードです。

メーカーについて

 ロジクールは有名なスイスのメーカーで、主にパソコン周辺機器を作っている会社です。

 ゲーミングマウスでロジクールは有名ですので、聞いたことある方も多いと思います。

 そんな有名なメーカーのキーボードなので、品質が良いです。

接続方式

 USBポートにUSBレシーバーを入れ、無線接続する方式と、Bluetooth接続方式に対応しています。

電源

 単三電池式2本必要です。ですので、別途充電池を購入することをお勧めします。充電池エネループと急速充電器のレビューはこちら

付属品

 このようなスマホスタンドが付いています。

 これが結構しっかりした造りで、素晴らしいです。

 後ほど良い点に記載します。

 次に、外観をチェックしていきましょう。

外観チェック

 キーボード本体の外観。

 キーボード裏の外観。

 付属品のスマホスタンドの外観

 どんな商品かイメージできましたか?

 次に、実際に使ってみてわかった、良い点・悪い点を述べていきたいと思います。

G613の良い点

良い点①Bluetooth接続と、USBレシーバー接続の切り替えが、ボタン一つでできる。

 これが、このキーボードで一番良い点だと思います。

 ボタンを押すだけで、Bluetooth接続とUSBレシーバー接続の切り替えができます。

 どのように切り替えるか、解説します。

 まず、付属のUSBレシーバーをPCもしくはゲーム機に差し込んでください。

 次に、キーボードのBluetoothマークのボタンを長押しし、ペアリング状態にします。

 そのあと、スマホ・タブレット・ノートPCなどの、Bluetooth対応機器の設定画面で、「Bluetoothのデバイスを追加する」で、キーボードと接続してください。

 これで、下準備は完了です。

 あとは、Bluetoothマークのボタンを押せば、Bluetoothで接続した機器と接続でき、Wi-Fiの電波マークのボタンを押せば、USBレシーバーで接続した機器と接続できます。

 なので、2つの機器のキーボードが一つで済むのです。

 キーボードは場所を取るので、一つで済むのは、結構嬉しいですよね。

 この点を良い点とします。

良い点②付属品のスマホスタンドが結構便利。

 このキーボードの2番目の良い点が、付属のスマホスタンドが便利な点です。

 このキーボードには、このようなスタンドが付属しています。

 私は、付属のスマホスタンドに、Galaxy S10を使用していますが、縦置き、横置き両方でき、とても便利です。

 縦置き

※画像はGalaxy S10のケースをスマホスタンドに置いた様子です。

 横置き

※画像はGalaxy S10のケースをスマホスタンドに置いた様子です。

 作りも良く、デザインもかっこよいので、筆者は大変気に入っています。

 これを良い点とします。

良い点③静かなキーボード音。心地よい押し心地。

 キーボード音は「カタカタ」というより、「スコスコ」と言った静かな音が鳴ります。

 また、キーボードの押し心地がとても良いです。

 程よい抵抗があり、押すと、キーが深く沈みます。

 音は静かですが、しっかりした押し心地があり、癖になるような感覚です。

 FPSゲームや、音ゲーなどの、音が重要なゲームなどでは、キーボードの音が静かなほうが有利なので、そういったゲームをする方にはお勧めです。

良い点④高級感がある

 このキーボードは高級感があります。

 値段が高い分、作りが良いので、長く使えそうです。

 高級感がある、きちんとした作りのキーボードが良いという方は、おすすめできます。

良い点⑤パームレストがあり、長時間の使用でも疲れない。

 このキーボード、パームレストがあります。

パームレストとは……キーボードなどの機器の手首や手の平が当たる部分に、パームレストと呼ばれるものがあります。(パームレストがあるキーボードは珍しいです。)パームレストは、手を平行に保たせ、手の疲労を軽減する役割があります。

 このキーボードのパームレストはクッション素材ではなく、硬い素材です。

 このパームレストがあることで、長時間タイピングしても、手が疲れにくいです。

 この点は嬉しいですね。

 なので、この点を良い点とします。

良い点⑥電池残量が残り少なくなってくると、通知してくれる。

 このキーボード、電池残量が15パーセント以下になると、LEDランプで知らせてくれます。

 便利な機能だと思いますが、Bluetooth接続の画面でも、残り残量が見られるので、この機能は必要ないかもしれません……。

 ですが、Bluetooth接続画面をしばらく見ていなくて、電池残量が切れそうなときには、役に立つので、これを良い点とします。

良い点⑦メディアコントロールが意外に便利※ただし、注意点有。

 こちらのキーボードには、このようなメディアコントロールボタンがあります。

 メディアコントロールは、音楽の再生や、一時停止、停止、次の曲、前の曲、音量調節やミュートができます。

 画面を見ないでも音楽のコントロールができるので、曲を聞きながら作業している方にはとても便利だと思います。

 しかし、このメディアコントロールには注意点があります。

 それは、メディアコントロールをPCで使用する場合、音楽再生ソフトをクリックしないと、このメディアコントロールは使えないという点です。

 例えば、ゲームをしながら音楽を鳴らしている時、その音楽をメディアコントロールで操作したい場合は、一度ゲームを中断して、音楽再生ソフトをわざわざクリックしなければ反応してくれません。

 一度ゲームを中断し、デスクトップ画面に戻ると、ゲーム画面に戻れないPCゲームもあるので、注意が必要です。

 ただ、スマホでメディアコントロールを使う場合、PCとは違い、どんな画面でもバックグラウンドミュージックのコントロールができます。

 よって、バックグラウンドミュージックを操作する用途では、スマホでしかこのメディアコントロールは正常に動作しないと考えて良いです。(タブレットは未検証。

 PCで使用したいと考えている方は、注意が必要です。

 以上が良い点でした。次に、このキーボードの、悪い点を述べたいと思います。

G613の悪い点

悪い点①電池式

 この無線キーボード、電池式です。

 やっぱり充電式にしてほしかったですね。

 電池の交換が面倒ですからね。

 エネループを使用すればある程度面倒ではなくなりますが、このキーボード、一番電池容量の多いエネループ・ハイエンドモデルを使用しても、すぐ電池交換が必要になります。

 商品説明にある「最長18か月駆動」というのは、かなり節電しないと無理だと思います。

 私は、毎日5~6時間ほど使い、電源をオンにしたままの状態で使っていましたが、3~4日ほどで電池残量が50%を切りました。

 なので、私のような使い方をすると、大体一週間ほどで電池残量が無くなります。

 つまり、一週間に一度、電池交換をしなければならないのです。

 面倒ですよね。

 これを悪い点とします。

 ※追記 こまめに電源を切るようにしたところ、結構持つことが判明しました。(今のところ1か月以上持っています。ですが、それでも商品説明にある最長18か月駆動というのは無理だと思います。)ですので、G613を使用する際は、こまめに電源を切るようにした方がよさそうです。

 なお、電池式が嫌だという方は、G913というG613の上位モデルが充電式です。

 ただし、値段が高額なため(2021年08月時点の価格 26,730円)お金に余裕がある方のみ、おすすめします。

悪い点②思ったより大きく、重いため、持ち運びには向かない

 このキーボードは、ワイヤレスキーボードなのですが、大きく、重いため、持ち運びには向きません。

 なので、このキーボードは、家で2台以上の良く使うPCもしくはよく使うタブレットに接続して使用することをお勧めします。

 たとえ持ち運べなくても、家で使う分には、問題ないので、私にとってはそこまでのデメリットだとは感じませんでした。

 ですが、持ち運びの用途で使いたい方もいると思いますので、一応記載しました。

悪い点③ゲーム機にはBluetoothでの接続には対応していないので、注意が必要。

 私の所有している現行のゲーム機(PS5・Xbox Series X・Nintendo Switch)すべてで、このキーボードのUSBレシーバーをゲーム機に差し込み、動作確認しましたが、全て動作可能でした。

 しかし、USBレシーバーを外し、Bluetooth接続しようとすると、すべての現行のゲーム機(PS5・Xbox Series X・Nintendo Switch)で接続不可でした。

 Bluetooth接続ができないのは残念ですよね。

 ゲーム機で使用しようと思っている方は、ゲーム機にBluetooth 接続することはできませんので、注意が必要です。

まとめ

 今回は便利なゲーミング無線キーボード、G613についてレビューしました。

 悪い点はあるものの、良い点が目立つ、優れたキーボードだということが分かっていただけたでしょうか。

 特に、Bluetooth接続と、USBレシーバーの無線接続をボタン一つで切り替えることができる機能は、素晴らしいと思います。

 また、付属のスマホスタンドも品質が良く、結構便利です。

 是非、お金に余裕があり、こういったキーボードを探していた方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 今回レビューしたG613の購入リンク、商品説明、良い点、悪い点を記載し、この記事を終わりたいと思います。

商品説明

ロジクール製のゲーミングワイヤレスキーボードです。

Bluetooth接続とUSBレシーバーを使った無線接続が可能で、ボタン一つで切り替えることが可能です。

良い点
  • 付属のスマホスタンドが便利。
  • 静かなキーボード音で、心地よい押し心地。
  • 高級感がある
  • パームレスト(キーボードを打つときに、手のひらの部分に当たる場所)があり、長時間の使用でも疲れにくい。
  • 電池残量が残り少なくなってくると知らせてくれる。
  • メディアコントロール(音楽の再生や、停止、次の曲、前の曲、ミュートや、音量の調節などのコントロール)ボタンが便利。ただし、バックグラウンドミュージックを操作する用途では、PCだと正常に動作しない可能性がある。
  • 人気ゲーム機に対応している。(USBレシーバーを差し込んだ場合)
悪い点
  • 電池式かつ、消費電力が結構大きいため、電池を交換しなければならず、不便。
  • 大きく、重いため、持ち運び向けではない。
  • ゲーム機をBluetooth接続することはできない。(2021年08月時点)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です